Razer、海洋プラスチックを除去するAIロボスタートアップ企業のClearBotとのパートナーシップを発表

文●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Razerは、世界海洋デーを記念して海洋プラスチックを除去するAIロボスタートアップ企業のClearBotとのパートナーシップを発表した。

 ClearBotとのパートナーシップのもと、Razerのエンジニアやデザイナーはボランティアとして製品開発の技術提供を行なっている。新しく設計された完全自動化されたロボットは、最先端のAIと機械学習機能を備えており、荒海で2メートル以内の海洋プラスチックを検出できる。太陽光エネルギーで稼働し、1サイクルあたり最大250kgのプラスチックを収集できるとのこと。

 また、RazerとConservation InternationalとのパートナーシップでSneki Snekという環境に優しいぬいぐるみの販売につき樹木10本を保護した活動を通じた「#GoGreenWithRazer」キャンペーン通じて30万本の樹木を保護することができたとのこと。

 キャンペーン詳細についてはこちらから確認できる。

 Razerは、#GoGreenWithRazerサステナビリティー目標のロードマップに沿って、サステナビリティーを促進する取り組みの一環として、環境とサステナビリティーのスタートアップ企業を支援し、投資すると述べている。

初出時、1サイクルあたり収集できる重さを間違えて記載しておりました。お詫びして訂正いたします(2021年6月11日追記)

■関連サイト

過去記事アーカイブ

2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
2020年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
10月
11月
12月
2019年
01月
03月
04月
07月
08月
10月
11月
12月
2018年
06月
07月
11月
12月
2017年
01月
07月
10月
12月
2016年
01月
11月
2013年
03月