このページの本文へ

パナソニックとSQUEEZE、ホテル経営のDX実現に向け次世代型スマートホテル「Minn 蒲田」で実証実験を開始

2021年06月09日 16時45分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 パナソニックは6月9日、SQUEEZEと、非接触・非対面・省人化運営と高品質な接客の両立によるホテル経営のDXを実現するため、「AttendStation(アテンドステーション)」と、「AiSEG2(アイセグツー)」を用いた共同実証実験を次世代型スマートホテル「Minn 蒲田」にて開始すると発表した。

  同社は今回、省人運営実績のあるSQUEEZEと実証実験を行なうことで、すでにSQUEEZEが実現している無人・省人施設において有人運営と同水準の接遇サービスによりホスピタリティーを維持・向上させ、さらに客室単価を上げ、リピート率の向上を実現できるのかを検証する。

同社の遠隔コミュニケーションシステム・AttendStationではフロントの人件費およそ75%削減を目指す。方法としてはユーザーから離れた場所にいるフロントコンシェルジュがディスプレー上のアバターを介し、ユーザーからの問い合わせ対応などの接遇を実施。

 アバターは操作しているフロントコンシェルジュの顔の動きと声に連動し、状況に応じてお辞儀をするなど、しぐさを選択することもできるため、ユーザーと非接触・非対面ながらも表情豊かで対面に近い案内が可能となる。

 電力モニタリングと遠隔コントロールシステム・AiSEG2については、IoTやAIなど最先端の技術と、配線器具や開閉センサーなどの技術を融合した「HOME IoT」の中核機器「AiSEG2」を活用。

 今回の実証実験では、住宅分野で展開してきたAiSEG2を住空間同様のホテル居住空間へ活用することで部屋ごとの電気代を緻密に把握し、採算の見える化による原価管理を推進。

またAiSEG2をSQUEEZEの無人チェックインシステムと連携させることで、ゲストのチェックイン/アウトに連動し、空調・照明のスイッチをオン・オフさせ、部屋ごとの電気代のおよそ10%削減を目指すという。

 同社は本実証実験により、機器を通じてホテル経営のDX化推進や、ホテルのサービス改善、ユーザー満足度向上、環境負荷を極力減らしてSDGsに配慮したホテル運営への貢献を目指すとしている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン