このページの本文へ

iOSやmacOSの進化が見えた! 「WWDC21」特集 第3回

【WWDC21速報】iPadOS 15ではマルチタスクが大幅に使いやすくなる

2021年06月08日 05時10分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 iOSとともに、iPadOSも15に進化する。「汎用性をさらに高める」というアピールがなされており、iOSとの進化の方向性の違いがより明確になってきた。

iPad用の大型のウィジェットをホーム画面に追加可能に
多くの操作がウィジェットで済ませられる

 まず注目すべきは大画面をより活用するための機能が強化されていること。iPadOS独自のより大型化されたウィジェットが用意され、ウィジェット内で画像やメールの内容を確認するなど、大きく機能が強化されている。

 これにともない、ホーム画面の枚数が増えてしまうことが想定されるが、iOS 14から追加されたAppライブラリをiPadOSにも採用して使用頻度が低いアプリをまとめるとともに、AppライブラリをDockに収納できるようにして、そうしたアプリへのアクセスにさほど手間がかからないよう工夫されている。

複数のアプリを同時に使用する操作がより簡単に
MacからのiPadの操作にも対応

 また、iPadならではのマルチタスクもユーザーにより使ってもらうための工夫が増えた。全画面表示状態から2アプリ同時表示のSplit Viewへの移行は、画面上部に表示されるアイコンをタップするだけで可能に。またアプリ一覧画面からは、Split Viewを使いたいアプリをドラッグして、もう1つのアプリに重ねるだけで移行できる。

 標準のNotesアプリ(日本語では「メモ」)では、タグによるメモの管理やFaceTimeでのメッセージ送信などにも対応したが、さらに新たな機能として「Quick Note」が追加。これは画面右下の端から引き出すようにApple Pencilを操作するだけで表示される手書きメモで、ここで入力した内容はノートアプリに保存するだけでなく、あらゆるiPadアプリとの連携が可能とする。

 そのほか、macOSの新バージョン「macOS Monterey」との組み合わせでは、「Universal Control」として、MacのキーボードやトラックパッドからiPadOSの操作、両デバイス間のファイルのドラッグ&ドロップが可能になるという連携機能も追加されている。


■関連サイト

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中