このページの本文へ

4K60Hz・4K HDR対応の最大8出力可能なHDMI分配器を発売

2021年06月03日 19時20分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ラトックシステムは6月3日、4K60Hzの映像に対応したHDMI分配器(RS-HDSP8P-4K)を6月中旬に発売すると発表した。価格は2万1780円。

 RS-HDSP8P-4Kは、ビデオレコーダーやPC、ゲーム機器のHDMI信号を8分配できるHDMI分配器。4K60Hzの映像や、4K HDRの映像をディスプレーやプロジェクターへ同時に最大8分配出力できる。

 HDR規格の「HDR10」や「Dolby Vision」の映像に対応している。また、放送用HDRである「HLG」にも対応し、4Kチューナーなどを接続した場合でも映像を分配可能。

 オーディオは、ロスレス形式のオーディオフォーマット、ドルビーTrueHDやDTS-HDマスターオーディオに対応。また、サラウンド「Dolby Atmos」や「DTS:X」にも対応している。

 本体サイズは、およそ幅210×奥行67×高さ26mmとなっている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン