このページの本文へ

香川県三豊市本土と粟島を結ぶドローン物流航路を8月に開設、長期定期航路として運用を開始

2021年06月03日 19時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 かもめやは6月3日、香川県三豊市本土と粟島を結ぶドローン物流航路を8月に開設を予定し、長期定期航路として運用を開始することを発表した。

 本土の香川県三豊市と瀬戸内海に浮かぶ離島の粟島(あわしま)の間を運行する。運行距離は往復約8kmで、原則毎日運航するとのこと(悪天候時は運行を休止する場合あり)。

 使用するドローンは「純国産」を採用。利用イメージは、午前中に粟島で商品を注文し、同日の午後にドローンが本土を出発し、粟島に着陸。着陸後は自動で荷物を切り離し、自動で本土に帰還する。粟島に到着した荷物は、島側のスタッフが自宅まで届ける予定となっている。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン