このページの本文へ

SaaS一元管理ツール「メタップスクラウド」Google CloudとのAPI連携を開始、シングルサインオンによるログインが可能に

2021年06月02日 15時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 メタップスは6月2日、SaaS一元管理ツール「メタップスクラウド」がクラウドサービスGoogle CloudとのSAML認証によるAPI連携を開始したと発表した。

 今回の連携により、各SaaSにログインする際に必要なIDやパスワードを個別に管理する必要がなくなり、メタップスクラウドの認証基盤を利用することで、Google Cloudへのシングルサインオンによるログインが可能となる。

 同社は今後、各種API連携を強化し、メタップスクラウドのダッシュボード上で、利用する全てのSaaSを管理・運用出来る仕組みを構築していくとのこと。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン