「Micron 3400」と「Micron 2450」

Micron、世界初の176層NAND採用Gen4 SSDと1αノードのLPDDR4xを発表

文●ジサトライッペイ 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 2021年6月2日、MicronはCOMPUTEX 2021にて、世界初となる176層NANDメモリーを採用したPCI Express 4.0(Gen4)対応SSDを発表した。また、こちらも世界初となる1αノードベースのLPDDR4xメモリーの出荷を開始した。これにより、ノートPC向けのストレージやメモリー市場において、強いリーダーシップを示していくという狙いだ。

Micron 3400

 Gen4 SSDは「Micron 3400」と「Micron 2450」の2種類。Micron 3400は176層TLC 3D NANDを採用し、512GB~2TBモデルがラインアップするパフォーマンス重視の製品だ。フォームファクターはM.2 2280で、PCI Express 4.0×4接続。最新のNVMe 1.4規格に対応する。

Micron 2450のM.2 2280モデル

Micron 2450のM.2 2242モデル

Micron 2450のM.2 2230モデル

 Micron 2450もMicron 3400と同様、176層TLC 3D NANDを採用している。コストパフォーマンス重視の製品で、ラインアップは256GB~1TB。PCI Express 4.0×4接続で最新のNVMe 1.4規格に対応する点もMicron 3400と同じだが、フォームファクターはM.2 2280のほか、2242、2230も用意する。

Micron 3400とMicron 2450の概要

 具体的な性能は不明だが、PCI Express 4.0×4接続のSSDであれば、シーケンシャルリードで毎秒7GBの製品が現在の最速モデルだ。176層NANDを用いることで、1チップあたりの実装容量が増えるため、超高速モデルでもより安い製品の登場が期待できる。

1αノードのLPDDR4x

 1αノードのLPDDR4xは従来の1zノードのLPDDR4xと比べ、メモリー密度が40%向上し、消費電力が最大20%低減している。これにより、ノートPCのバッテリーの節約につながると同社は語る。

1αノードのLPDDR4xの概要

 なお、「ノード」とは技術的節目のことで、微細化の基準になる。1αノードは従来の1zノードよりも微細化している世代ということになる。つまり、同じサイズのチップなら、より電力効率の良い製品が作れる。

MicronのDDR5メモリー

 また、Micronはいよいよ来年登場するといわれているDDR5メモリーについても言及。DDR5は単なるDDR4の後継規格というだけではなく、AI処理における有用性なども高いという。2020年に数社で始まったMicron DDR5 Technology Enablement Program(TEP:技術支援プログラム)はいまや100社に上り、250名以上の設計・技術リーダーが参加しているとのこと。

DDR5はDDR4の後継規格

 ちなみに、DDR5はインテルの次世代CPU「Alder Lake」、AMDの次世代CPU「Zen4」で採用されるとのウワサがある。DDR4とDDR5は互換性がないため、プラットフォームをまるごと買い替えることになりそうだが、3200MHz駆動でもDDR5ならメモリーバンド幅は1.36倍も高速とのことなので、今から楽しみだ。

Micronの車載向けUFS 3.1

 最後に、Micronは業界初となる車載向けのUFS 3.1対応NANDのサンプル出荷を開始することも発表した。UFS 3.1はUFS 2.1と比べて、読み込み速度で2倍速く、連続書き込み性能では50%高速化。レベル3+のADASシステムなどのセンサーやカメラのデータをリアルタイム保存できる。

Micronの車載向けUFS 3.1の概要

■関連サイト

過去記事アーカイブ

2021年
03月
04月
05月
06月
07月
08月
10月
11月
2020年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
2019年
09月
11月
2018年
01月
05月
10月
2016年
06月
09月
2015年
01月
02月
11月
2014年
03月
06月
2013年
04月