このページの本文へ

輝度ムラ補正/Thunderbolt 3/キャリブレーション済の本気仕様

動画編集プロ向け機能満載のBenQ最新4K HDRモニター「PD2725U」は買い

2021年06月07日 11時00分更新

文● 二瓶朗 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

PDシリーズ初の「輝度ムラ補正技術」採用

 「PD2725U」にはプロ仕様ならではの “目玉機能”がいくつか搭載されているが、そのなかでも注目すべきは、PDシリーズとしては初となる「輝度ムラ補正技術」の採用。

 BenQは工場での製品製造段階で、液晶の表示エリアを数百の区域に分けたうえで色と明るさを微調整するよう処理。正確な均一ユニフォミティを実現することで、前述したキャリブレーションの実施と合わせてすべてのユーザーへ一貫した完全な色表現や表示を提供している。

 これによってクリエイターが「PD2725U」を使って制作物に向き合えば、わずかな色調の違いを前に「これはモニターの仕様なのか? それとも自分の補正ミスなのか?」などと余計な悩みを抱かず作業を進められるというわけだ。

輝度ムラ補正のイメージ

 もう1つの注目点は「Thunderbolt 3」への対応で、1つの接続端子から65W給電、オーディオと映像入力、40Gbpsの超高速データ転送が可能となる。Thunderbolt 3対応のWindows PCはもちろん、標準機能となっている現行のMacに対しても大きな威力を発揮する。

Thunderbolt 3ケーブル1本のみでPDと接続。在宅勤務環境ではケーブルマネージメントの向上にもつながる

 さらに「PD2725U」では、2基搭載されたThunderbolt 3端子を利用した「デイジーチェーン接続」も利用できる。モニター2台を含め最大6台のデバイスへの出力が可能だ。

Thunderbolt 3を使ったデイジーチェーン接続のイメージ。最大2台のモニターを接続できる

 スペック的には60Pの4K映像を2台のモニターで同時再生できる数字なので、データ転送速度が必要な動画編集クリエイターにとっては作業効率の向上が望める。また、余分なケーブルが減ることで作業環境のケーブルマネージメントが楽になることは昨今の在宅業務ではありがたい。

「PD2720U」はハブ機能を持つUSB 3.1端子を3つ搭載。PC側だけでは足りない場合に重宝する

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン