このページの本文へ

「ドスパラプラス」が第19回全国高等学校「パソコン甲子園2021」に協賛

2021年05月27日 13時45分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 サードウェーブが展開する「ドスパラプラス」は5月27日、会津大学/福島県/全国高等学校パソコンコンクール実行委員会が主催する、第19回全国高等学校パソコンコンクール「パソコン甲子園2021」に協賛することを発表した。

 パソコン甲子園は、情報化社会を支える人材の裾野を広げることを目的に、高校生・高等専門学校生(3年生まで)を対象とした、ICT分野における全国大会。

 2003年の第1回大会から18年間で、のべ2万7000名以上が参加している同大会ではプログラミング能力や、情報処理技術におけるアイディアや表現力等を競う。

 同大会において同社は、入賞者への副賞として同社製ノートパソコンとタブレットの提供する。

 なお、パソコン甲子園2021の詳細についてはこちらから確認できる。

カテゴリートップへ

関連サイト
コンテンツ