このページの本文へ

AC常時給電タイプでありながら補助バッテリーを搭載した法人向けAndroidタブレット

2021年05月26日 19時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 オーディーエスは5月26日、補助バッテリーを搭載したAC常時給電タイプ10.1型の法人向けAndroidタブレット(OSバージョン固定運用)「TA2C-M8AC」を6月1日に発売すると発表した。価格はオープン。

 TA2C-M8ACは、他機器にタッチパネル部として組込む場合や据付ける設置に適したAC常時供給型タブレット。「ながら充電」による劣化に対応した独自制御の補助バッテリー搭載している。

 突然の停電・瞬断でも補助バッテリーにより自動的に正しいシャットダウン処理がなされ、給電再開時にも安定した動作の再開が可能。業務用途では、ブレーカーのオン・オフによる一括で電源管理をする現場もあり。本機には停電後にシャットダウン処理をするまでのタイマー機能があり、最短の15秒に設定することで、業務終了後にタブレットの動作完了を確認し、帰宅することが可能となっている。また、長めに設定すると一時的なモバイル使用も可能になる。

 OS固定運用タイプなのでOSがバージョンアップをした場合発生するアプリの検証・対策工程が不要で、一度開発・インストールした専用アプリを安定して使用できる(専用アプリ以外はインストールしない前提なので、Google Playストアは非対応)。

 一般消費者向けタブレットで省略されがちなUSB Type-A端子を2系統搭載しているので、変換プラグ等がなくても接続できる。

導入例

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン