このページの本文へ

AMD Ryzen 5 4600H/GeForce GTX 1650 Ti搭載

GALLERIA(ガレリア)、日本語配列キーボード採用の15.6型ゲーミングノートPC

2021年05月19日 15時30分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 サードウェーブは5月19日、​ゲーミングPC「GALLERIA(ガレリア)」シリーズから、GeForce GTX 1650 Ti搭載のゲーミングノートPC「GALLERIA RL5R-G50T」を発売した。価格は11万9980円。販売はドスパラおよび通販にて。

 CPUとして6コア/12スレッドで稼働するAMD Ryzen 5 4600H、グラフィックスとしてGeForce GTX 1650 Tiを搭載するゲーミングノートPC。ディスプレーは狭額ベゼルを採用した15.6型でリフレッシュレート120Hzに対応する。解像度はフルHD(1920×1080ドット)。​新規開発した日本語配列キーボードを備え、ゲーム以外の用途でも使いやすいノートPCを目指したとのこと。

 主なスペックは、メモリーが16GB、ストレージが512GB NVMe SSD、OSがWindows 10 Home 64bit。インターフェースはUSB Type-C(USB 3.2 Gen2)×1、USB Type-A(USB 3.2 Gen1)×2、USB 2.0×1、マイク入力×1、ヘッドフォン出力×1、HDMI 2.0×1、ミニDisplayPort 1.2/1.4×1、ギガビットイーサネット×1、SDカードリーダー×1を備え、HD画質のウェブカメラも装備。ワイヤレス通信はWi-Fi 6とBluetooth 5.0に対応する。

 バッテリー駆動時間は約7.5時間。本体サイズ/重さは、およそ幅359.8×奥行き243×高さ20.5mm/およそ1.9kg。

カテゴリートップへ

関連サイト
コンテンツ