このページの本文へ

マスク時代の申し子! マイク・スピーカー内蔵の「Bluetoothマスク」登場

2021年05月15日 10時00分更新

文● 鈴鹿 廻 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ワイヤレススピーカー・マイクを内蔵した「BTマスク【ランバート】」が登場。トーシン産業によるプライズ商品で、あきばお~七號店などあきばお~各店にて1500円で販売されている。

マスクが必須時代に合わせ、なんと音楽が聴けるマスクが登場

 マスクにBluetoothスピーカーを合体させたという、コロナ時代ならではのガジェットが登場。口元から両耳までを覆う特異な形状をしており、ちょうど耳に重なる部分にスピーカーユニットが内蔵されている。さらにマイクも内蔵し、スマートフォンのハンズフリー通話にも使用可能だ。

 イヤホンとは異なり耳元で直接音楽を鳴らすスタイルのため、若干の音漏れが発生する点には注意。ただ店頭で確認したところ、電車内などは厳しそうだが、多少の騒がしさがある屋外なら問題なく使えそうだった。

耳まで覆うマスクで、耳元のスピーカーから音を流す仕組み。簡単なオーディオコントロールも可能

スマホ通話可能なマイクも内蔵。全体のサイズは小さめのため、通常のマスクの上に装着するのがいいかも

 また、右耳部分には操作パネルを搭載。単押しと長押しを駆使して音楽の再生・停止やボリューム操作、着信応答が可能だ。マスク自体は機械部品を取り出せば洗濯も可能ながら「頻繁な手洗いは大変、基本はマスクの上から装着した方がいい」(ショップ)ようだ。

 なお、再生時間は約3時間の充電で約1時間。ユニークなアイテムだが、バッテリーライフの短さが最大のネックと言えそうだ。

 

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン