このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

3400MB/秒の読み書き可能なNVMe SSDを外付けでも利用

「WD_BLACK SN750 NVMe SSD」に4TBモデルが新登場! PS5の外付けSSDとしても使ってみた

2021年04月23日 11時00分更新

文● 飯島範久 編集●北村/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 M.2接続のNVMe SSD市場は、PCIe 3.0対応からPCIe 4.0対応へ徐々にシフトしているが、Western Digitalが約2年前に発売したPCIe 3.0対応SSD「WD_BLACK SN750 NVMe SSD」に、4TBの大容量モデルが今年4月に追加された。

 ゲームにしても動画にしても、今や数10GB単位が当たり前で、保存するにはもはや1TBという容量では心もとなく、2TBでもどうかという時代だ。そんな中で、4TBモデルが追加され、高速読み書きでかつ大容量なストレージへの需要が今後増していくものと考えられる。

 そこで本記事では、WD_BLACK SN750 NVMe SSDの4TBの実力を検証すべく、デスクトップPCへの装着だけでなく、SilverStoneのUSB 3.2 Gen2×2(20Gbps)に対応したM.2 SSD用外付けケース「MS12」を使用して、外付けSSDとしても活用してみた。

SN750 NVMe SSDの基本的な性能をチェック

Western Digitalの「WD_BLACK SN750 NVMe SSD」4TBモデル

 まずは、WD_BLACK SN750 NVMe SSDについておさらいしておこう。約2年前に登場した本製品は、250GB、500GB、1TB、2TBというラインナップで、250GB以外はヒートシンクあり/なしを用意。シーケンシャルリードは最大3470MB/秒、シーケンシャルライトが最大3000MB/秒で、容量ごとに少々ばらつきがあった。

 今回の4TBモデルは、シーケンシャルリードが3400MB/秒、シーケンシャルライトが3100MB/秒という仕様で、ヒートシンクは非搭載。従来同様省電力機能を無効化することでピークパフォーマンスを維持する「ゲームモード」に対応。Western Digitalのサイトからダウンロードできるユーティリティー「Dashboard」でオン/オフを切り替えられる。初期設定ではオフの状態なので、パフォーマンスを重視したいなら、常にオンにしておこう。

「Dashboard」では、SSDの状態確認やパフォーマンスチェックなどが行なえる。右上のゲームモードを「オン」にすると、ピークパフォーマンスを維持する。切り替えには再起動が必要だ

 さっそく、「CrystalDiskMark 8.0.1」を使って読み書き速度を計測してみた。設定はNVMe SSDにして、以下のテスト環境で行なっている。素の性能を見るため、ゲームモードはオフにしている。

テスト環境
CPU AMD「Ryzen 9 3950X」
(16コア/32スレッド、3.5~4.7GHz)
マザーボード ASRock 「X570 Taichi」
(AMD X570、ATX)
メモリー Patriot「Viper PCS432G300C6K」16GB×2
ビデオカード 玄人志向「GG-RTX2070SP-E8GB/DF」
(GeForce RTX 2070 Super )
SSD Western Digital「WD Black SN750 NVMe SSD 4TB」
電源ユニット Thermaltake「Toughpower Grand RGB 850W Platinum」
(80PLUS PLATINUM、850W)
OS Microsoft「Windows 10 PRO(64bit)」

「CrystalDiskMark 8.0.1」での結果

 結果は公称値の通り、シーケンシャルリードが3400MB/秒超え、シーケンシャルライトが3100MB/秒超えを記録。ランダムアクセスの性能もRND4K Q32T16を見るとそれほど落ち込まず、従来モデルよりも若干性能は上がっているようだ。

 また、「ATTO Disk Benchmark 4.01.0f1」を使って、最大シーケンシャルリード・ライトの性能もチェックしてみた。

「ATTO Disk Benchmark 4.01.0f1」での結果

 結果としては、シーケンシャルリードで最大3438MB/秒、シーケンシャルライトで最大3122MB/秒を記録しているので、公称値どおりの性能を示している。なお、ATTO Disk Benchmarkは、CrystalDiskMarkの結果と違い1K=1024Bで計算しているため、画面上の数値は2.21GB/秒などと若干低く見えている。

 もう1つ、ゲームのロード時間も検証してみた。ゲーム性能を測る定番ベンチマーク「ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ ベンチマーク」でローディングタイムを、ゲームモードオン/オフで計測した。グラフィック設定は最高品質、解像度はフルHDで行なっている。

「ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ ベンチマーク」でのローディングタイムの結果

 結果としては、少しの差ではあるものの、オンにしたほうが短縮されていることがわかる。速度的にも10秒を切っており、十分なパフォーマンスが得られている。

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中