このページの本文へ

篠原修司のアップルうわさ情報局 第648回

バークレイズ証券の予測:

アップル「iPhone 13」画面内指紋認証のうわさ多数

2021年04月13日 09時00分更新

文● 篠原修司

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アップルが今年発売するとうわさのiPhone 13は、画面内に指紋認証Touch IDを搭載している可能性が高いという。英バークレイズ証券のアナリストらがその予測を4月12日に発表した。

 アナリストらの予測では、iPhone 13は前面のノッチが小型化されるという。一方、背面のLiDARスキャナーは引き続きProモデルのみに限定されたままになるとのこと。

 そして、iPhone 13はディスプレー埋め込み型の指紋認証を採用している可能性が高いとしている。

 iPhone 13が画面内指紋認証を搭載しているとのうわさはこれまでにも多く流れており、この予測もそのひとつとなることだろう。

筆者紹介:篠原修司

1983年生まれ。福岡県在住のフリーライター。IT、スマホ、ゲーム、ネットの話題やデマの検証を専門に記事を書いています。
Twitter:@digimaga
ブログ:デジタルマガジン

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中