このページの本文へ

従来の特殊ガラス不要で、コストダウンや既販車への実装に期待

車載HUDの二重像を軽減する技術を開発、JVCケンウッド

2021年04月09日 18時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

HUD イメージ

 JVCケンウッドは4月9日、ADAS(先進運転支援システム)として普及が進むヘッドアップディスプレー(以下、HUD)において、フロントガラスの表裏で生じる二重像を軽減する技術を開発したと発表。

 HUDは、速度やナビゲーションのほか、ドライバーに必要な各種情報をフロントガラスに映し出す表示装置。計器類に視線を移さず運転が可能になるため、自動運転やARなどとの融合により、ADASとしてさらなる発展が期待されている。

二重像のイメージ

 従来のHUDは、ダッシュボードから画像を投射し、フロントガラスの反射を用いて画像を映し出す方式を採用してきた。従来の投影方式では、前方視界を妨げないようガラス面に反射膜などを追加できないため、ガラス自体の表面反射を利用する必要があり、その裏面の反射が二重像の原因となっていた。また、二重像を防ぐために必要だったくさび型特殊ガラスは、車両の組み立てラインでの実装が不可欠なだけでなく、フロントガラスのコストアップの要因にもなっていた。

新技術による二重像解消のイメージ

 同社が新たに開発した技術は、ガラス表面反射と裏面反射の光路を最適化する設計を施し、フロントガラスに用いられている平行ガラスの表裏反射光の光軸を一致させる条件と、HUDとして必要な表示画像の位置、距離、画角などの条件をほぼ両立させたという。これにより、人間の視覚特性上も違和感の少ないHUD表示を実現したとのこと。

開発したプロトタイプ

 また、凹面鏡に新たな光学部品を追加するこれまでの手法と異なり、本技術では従来のHUDと同等の光学部品構成で二重像の軽減を可能にしたという。本技術を使用すれば、従来のフロントガラスを使用したHUDが開発できるため、HUDトータルシステムとしてのコストダウンはもちろん、普及価格帯車両への適用や車両組み立てライン以外での装着にも期待が持てると、同社は述べている。

 同社は、本技術の原理および実現方法について国内外で特許出願と登録を進めているとのこと。今後も開発を進め、アフターマーケット市場および自動車メーカー、車載機器メーカーへの提供を図るだけでなく、エンターテインメントやサイネージでの活用など、車載用途以外での展開を目指すとしている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン