このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

何が変わる? アップル、次期iOSにアプリの不正トラッキング防止を導入

2021年04月07日 22時00分更新

文● 山本 敦 編集●飯島恵里子/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

アップルが次期OSでユーザーのプライバシー保護を目的とした、アプリの開発環境の変更を含むアップデートを実施する

 アップルが次期iOS 14.5、およびiPadOS 14.5、tvOS 14.5以降から、デバイスを利用するユーザーのプライバシー保護を目的とする機能を強化する。今後アプリの開発者(デベロッパー)は、アップルが提供する新しいフレームワークである「App Tracking Transparency」に則る形でユーザーの許可を得ることによって初めて、Web上での行動をトラッキングしたり、個人情報にアクセスしてターゲット広告を表示できるようになる。

 スマートフォンのユーザーであれば、おそらく誰でも新しいアプリをインストール後、最初に起動した時に位置情報などアクティビティ情報のトラッキング許可を求めるメッセージに遭遇したことがあるのではないだろうか。アプリの中にはユーザーの端末に記録・収集された行動履歴を参照して、自分のアプリの中でターゲット広告を表示したり、ほかのデベロッパーにより開発されたアプリと連係しながらユーザーを繰り返しターゲッティングすることを目的としてトラッキングを利用するものがある。

 アップルによると、このトラッキングの仕組みを利用して、過去10年の間に“大きく不透明な業界”が生まれ、ユーザーの許可を得ることなく搾取した個人情報をから約2270億ドル(約24兆円)にもおよぶ利益が生まれている現状があるという。アップルが次期OSに新しいプライバシー機能を搭載する背景には、App Storeに公開されるアプリによるユーザーの個人情報の利用についてさらに透明性を高める狙いがある。

 アップルは、ユーザーが自身の手でデータの扱われ方をコントロールできる仕組みがあることが大切だと説明している。

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中