3月26日から販売開始

GIGABYTE、Z590/H510搭載のマザーボード4モデル

文●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「Z590M GAMING X」

 GIGABYTEは3月22日、インテル Z590/H510チップセットを搭載するマザーボード4モデルを発売すると発表した。

 ラインアップは、ATXモデルの「Z590 D」、MicroATXモデルの「Z590M GAMING X」「Z590M」「H510M S2H」の4モデル。いずれも3月26日から販売を開始する。

Z590 D

 Z590 Dは、Ultra Durable ATXの汎用エントリーモデル。12+1フェーズのデジタル電源設計を採用し、大型ヒートシンクやALC897高音質オーディオ、2連M.2 スロットなどを装備する。インターフェースは、USB Type-A(USB 3.2 Gen.1)やDisplayPort、Realtek 8118 GbE有線LANを備えるほか、フロントパネル用USB Type-AピンヘッダーやQ-Flash Plusなども搭載する。実売価格は2万円前後となる見込み。

Z590M GAMING X

 Z590M GAMING Xは、 PCゲーミング向け機能を備えるMicroATX上位モデル。DrMOS 12+1 デジタル電源フェーズ設計で60A DrMOSを搭載するほか、大型ヒートシンクや2.5GbE有線LAN、2連M.2 スロット(NVMe PCIe 4.0/3.0×4)、USB Type-C(USB 3.2 Gen.2)、フロントパネル用USB Type-C(USB 3.2 Gen.1)ヘッダーピンなど備える。また、内蔵ファンはマルチ温度センサー、ハイブリッド式ファン端子、ファンストップ機能を搭載する。実売価格は2万5000円前後となる見込み。

Z590M

 Z590Mは、Ultra Durable MicroATXの汎用モデル。DrMOS 8+1デジタル電源フェーズ設計で50A DrMOSを搭載。2連M.2スロット(NVMe PCIe 4.0/3.0×4)やインテルGbE有線LAN、USB Type-C(USB 3.2 Gen.1)などを装備する。一体型I/Oバックパネルも備えるほか、RGB FUSION 2.0によるRGBおよびデジタルLEDテープに対応する。実売価格は2万円前後となる見込み。

H510M S2H

 H510M S2Hは、Ultra Durable MicroATXの汎用エントリーモデル。6+2フェーズのデジタル電源設計で、ALC897高音質オーディオやM.2 スロットを搭載。リアには、USB Type-A(USB 3.2 Gen.1)、Realtek 8118 GbE有線LANのほか、映像出力端子としてHDMI 1.4、DisplayPort 1.2、DVI-D、D-Subなども備え、MicroATXサイズの小型PCを組むのに適するとのこと。実売価格は1万円前後となる見込み。

■関連サイト

過去記事アーカイブ

2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
2020年
01月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2019年
01月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
11月
12月
2017年
08月
2015年
04月
09月
2014年
10月
2010年
01月
02月