grasys、SDGsへの取組みを宣言

文●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 grasysは2020年10月21日、国連サミットで採択された持続可能でよりよい世界を目指す国際目標のSDGsの達成を目指し、事業や社内体制を通じてより良い社会の形成に貢献することを宣言した。

  同社ではシステムの設計・開発・構築・運用において最適化を追求することで、クライアントのビジネス基盤の高効率化・安定稼働・コスト削減を実現している。

 これまでも、渋谷区のスマートシティー化を推進する産官学民共同のデータコンソーシアムに参画したり、内閣府が設立した「地方創生SDGs官民連携プラットフォーム」に参画するなどSDGsの取り組みを続けてきた。

 今後、同社はのべ3億人超のユーザーのアクティビティーを支えてきた実績と知見を活かし、SDGsの達成に向けても貢献できるよう、SDGsの目標9「産業と技術革新の基盤をつくろう」を大きな目標に据えながら課題解決に努めていくとコメントしている。

■関連サイト

過去記事アーカイブ

2021年
03月
04月
05月
2020年
04月
05月
08月
09月
10月
11月
12月
2018年
09月
2017年
06月
2014年
07月