このページの本文へ

シャープ、外出先でハンズフリーで使用できるプラズマクラスターイオン発生機を発売

2021年03月19日 17時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 シャープは3月18日、デスク周りから外出先にも持ち運んで使用できる、軽量・コンパクトサイズでモバイルタイプのプラズマクラスターイオン発生機「IG-NM1S」を3月25日に発売すると発表した。価格はオープン価格。

 近年では清潔志向の高まりから、身の周りの衛生習慣の定着とともに、日常的に手に触れるアイテムやスマートフォンなどのデジタル機器まで清潔に保ちたいというニーズが高まっている。

 IG-NM1Sは軽量・コンパクトな本体サイズに高濃度「プラズマクラスター25000」が搭載されている。USB充電に対応し、リチウムイオン充電池を搭載することで、フル充電でおよそ4時間の連続使用ができるなど、電源の無い場所でも手軽に使用できる。

 また、デスク周りで使用するときは、4段階に調整可能な卓上スタンドで吹き出し角度を調整し、付属のネックストラップを使うことで、外出先などでもハンズフリーで使用できる。

 プラズマクラスター25000が搭載されていることで、付着菌の除菌や付着ウイルスの作用を抑制、付着したニオイの消臭などが可能。

 サイズは幅77×高さ97×厚さ28mm。重量はおよそ110g。連続運転時間はおよそ4時間。充電時間はおよそ2時間30分。カラーはホワイトとブラック。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン