前へ 1 2 3 4 次へ

インテル第11世代CoreでハイエンドゲーミングPCを自作する際の最適解

Core i9-11900Kでも余裕のOCが可能な最高の性能と至高の冷却を兼ね備えたゲーミングマザーボードMSI「MEG Z590 ACE」

文●石川ひさよし

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 MSIから手元に届いたのは巨大な箱だった。「Intel Z590マザーボード」と聞いていた筆者は目を疑った。機材取り違えの確認までしたほどだ。どうやらこれは「評価キット」。製品だけでなく、それを動作させるために必要なパーツをいくつかセットとしたものだ。評価キットは、基本的に未発売製品のレビュー用だ。それでは開封の儀を執り行ないたい。

今回届いた評価キット。ただし通常Intelから貸し出される評価キットとは異なりMSIから届いた

化粧箱には「intel×msi」の帯

 外箱を開け中に入っていたのは「intel×msi」の帯が付いた化粧箱。勘のよい方ならお気付きだろう。Intelはまもなく第11世代Coreをリリースする。そしてそれが登場したとき、Intel Z590チップセット搭載マザーボードが真価を発揮するのだ。

MSIからの評価キットなので、MSIのZ590mザーボード「MEG Z590 ACE」とMSIの簡易水冷キット「MPG CORELIQUID K360」が入っていた

 化粧箱内には題のMSIのマザーボード「MEG Z590 ACE」、MSIの簡易水冷キット「MPG CORELIQUID K360」、そして小さな区画には金色のMSIドラゴンエンブレムの小箱。小箱を開けるといわゆるバルク版のIntel「Core i9-11900K」が収められていた。

そしてドラゴンエンブレム部分に収められていたのがIntel「Core i9-11900K」

第11世代Core、Intel Core i9-11900Kを観察

 ではCore i9-11900Kを見てみよう。とはいえバルク版なので隠すところはない。パッケージ情報が得られないのは少々残念だ。そこでマーキングを見てみよう。

 刻印の一段目はIntel Core i9のロゴ。そしてその下には「i9-11900K」と記載されている。「SRKND」はスペックコード。製品仕様を表わすもので、その横にある「3.50GHz」が定格クロックを意味している。最後の段はバッチナンバー(FPO)。V051F855とあるが、評価サンプルだけに製品版と同じかどうかは分からない。

Core i9-11900Kのおm出るネームや3.50GHzという定格クロックが読み取れる

 続いて裏面。ソケット形状は、Intel Z590マザーボードがそうであるように、引き続き第10世代Coreと同じLGA1200を採用している。

第10世代Coreに引き続き第11世代もLGA1200。Core i9-10900Kが手元にないため正確には分からないが、通常、モデルごとに裏面のキャパシタの配置が異なるはずだ

 Intelのメインストリーム向けプロセッサでは、Core i9が最上位グレードだ。そして型番末尾に「K」が付くアンロックモデルがもっともコア数が多くクロックが高い。Core i9-11900Kは第11世代Coreのフラグシップということになる。本来のパッケージ版であればせめてキャッシュ容量程度の情報は得られるのだが、何もないバルク版で読み取れるのはこの程度だ。そこで、評価キット側から読み取れる仕様も添えておこう。

参考:インテル デスクトップ PC ボックス版プロセッサーの部分シリアル番号

前へ 1 2 3 4 次へ

過去記事アーカイブ

2021年
01月
02月
03月
04月
2020年
01月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2019年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2018年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2017年
01月
03月
05月
06月
07月
09月
10月
11月
2016年
01月
03月
05月
06月
09月
11月
2015年
01月
03月
04月
06月
2014年
05月
06月
09月
10月
11月