このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

Innovative Wireless Speaker System「SOUND SPHERE」

無線で最大5.1chサラウンドが楽しめるオンキヨースピーカー、WiSA使い、5万円台から

2021年03月15日 13時00分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 オンキヨーホームエンターテイメントが、クラウドファンディングサイト“GREEN FUNDING”で先行販売中のワイヤレススピーカーシステムがInnovative Wireless Speaker System(SOUND SPHERE)だ。支援の受付期間は3月15日から5月13日まで。

 5GHz帯の電波を使用し、最大96kHz/8chの信号を伝送できる無線オーディオ伝送技術“WiSA”を用い、スピーカーケーブルなしのサラウンドを実現する製品。2.1ch、3.1ch、5.1chの構成が選べる。

 Bluetooth標準のSBC(約220ms)と比べて、1/40以下(約5.2ms)と非常に低い遅延も特徴だ。0.2秒という数字は、132のBPM(テンポ)で、8分音符・1拍分程度の遅れだ。つまり、Bluetoothでは、スマホの楽器演奏アプリなどが使えないほど大きな遅延が生じる。

 低遅延である意味は、リップシンクのズレ(映像と音のズレ)による違和感の解消だけでなく、ゲーム操作の応答性なども含めて大きい。

96kHzのドルビーアトモス/ロスレス信号を伝送可能

 WiSAはアメリカのサミット・セミコンダクターが開発した技術で、主に欧州・米国の製品向けに採用されてきた。オンキヨーグループでも過去に欧州市場向けの製品を投入したことがあるそうだ。しかし、多くの人が使うには高価な価格帯で、普及のハードルがあった。

 一方でオンキヨーは、高品質な映画・ライブのネット配信が広がっている状況、そしてこうした経験を踏まえ、手軽かつ良質な音響で、“驚きと感動”を体験できるスピーカーが必要だと考えている。そのためには“音のライブ感”や、映画音響の3大要素である“ダイアログ・環境音・音楽”を的確に届けることが重要だ。

ラインアップと先着価格の一覧

 Innovative Wireless Speaker Systemは、5.1chでも約9万円(先着価格)。高付加価値のサラウンドスピーカーシステムとしては、リーズナブルな価格に収まっていると言えるだろう。

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン