このページの本文へ

値下げのドコモ「ahamo」に対抗!? ソフトバンク「LINEMO」は通話定額を1年間、月500円割引

2021年03月04日 14時30分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ソフトバンクは、3月17日に開始するオンライン専業の新料金ブランド「LINEMO」において、通話定額のオプションが加入から1年間、月500円(以下、すべて税抜)割引になる「通話オプション割引キャンペーン」を展開することを発表した。

1回5分までの通話定額付きのままで値下げしてきたドコモへの対抗策は、通話定額オプションの期間限定の値下げ

通話定額付きのまま値下げしたahamo対抗か
オプションが対象とは言え、期間限定の割引が復活

 LINEMOの通話定額オプションには、1回5分まで国内通話が定額となる「通話準定額」(月500円)と、国内通話かけ放題の「通話定額」(月1500円)の2つがあるが、今回の割引対象はこの両方。これにより、LINEMOは1回5分までの定額を付けても、最初の1年は月2480円で利用できる形となる。

最初の1年は1回5分の通話定額付きで税抜月2480円

 3大キャリアの新料金については、ドコモ「ahamo」とそれに追従したソフトバンクが、月20GBの通信量に1回5分までの通話定額付きで月2980円という内容で昨年12月に発表。それに対して、au「povo」は、通話定額をオプション化することで月2480円で登場。「音声通話はアプリで済ませるので通話定額は要らない」と考えるユーザーから歓迎の声が多く聞かれた。

 その後、ソフトバンク「LINEMO」がやはり通話定額のオプション化で月2480円に。これに対して、ドコモ「ahamo」は通話定額付きのままで月2700円に開始前に値下げ。auとソフトバンクがどういう対応を見せるかに注目が集まっていた。

 

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン