このページの本文へ

JCBとマネックス証券、「株式投資体験」と「顧客のファン化」を支援するサービスの共同開発

2021年02月17日 18時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 JCBとマネックス証券は2月17日、カードでの買い物によるJCB会員の「株式投資体験」と、JCB加盟店の「顧客のファン化」を支援するサービスの実現を目指したアルファ版アプリの共同開発に関する業務提携契約を2月15日付で締結したことを発表した。

 共同開発するアルファ版アプリは、7月を目途に両社の関係者によるサービス検証を実施する予定。

 アプリ利用方法は、JCB会員がアプリをダウンロードし、アプリ内でJCBカードを登録・連携後、興味・関心があるJCB加盟店を登録し、登録した加盟店でJCBクレジットカードを利用する。

 利用すると付与率に応じた登録店の「仮想株式ポイント(仮)」を自動的に獲得でき、アプリ内で積立。

 仮想株式ポイント(仮)の残高が登録店の株式1株以上になると、マネックス証券で口座開設される。登録店の仮想株式ポイント(仮)を口座に移行後、単元未満株サービスを利用する。

■関連サイト

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ