このページの本文へ

【2/19生配信】 IU35 Japan Summit 2020/受賞者公開インタビューのご案内

2021年02月12日 17時08分更新

文● MIT Technology Review Event Producer

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
-

画像クレジット:-

MITテクノロジーレビューは、2021年2月19日、Innovators Under 35 Japan Summitをオンラインで開催する。本年度初開催となった「Innovators Under 35 Japan」の受賞者13名を迎え、自身の活動内容について紹介してもらう予定だ。

本イベントはオンラインにて開催いたします。事前にPeatixにてお申し込みいただくか、当日、本ページ内にて視聴ください。

MITテクノロジーレビュー[日本版]は、才能ある若きイノベーターたちを讃え、その活動を支援することを目的とした世界的なアワード「Innovators Under 35」の日本版「Innovators Under 35 Japan 2020」の受賞者を発表しました。初開催となる本年度は、AI/ロボット工学など5分野において300件を超える国内外の候補者の推薦・応募があり、厳正な審査の結果、13名のイノベーターを選出しました。

本イベント「Innovators Under 35 Japan Summit 2020」では、Innovators Under 35 Japan 2020の受賞者が一堂に会し、自身の活動内容を発表していただきます。また、審査に携わった専門家を交えたトークセッションや、グローバル版受賞者の特別講演などを通じて、テクノロジーを使ってよりよき未来を作るためのイノベーションの可能性について話し合います。


Innovators Under 35 Japan Summit 2020

■特別講演(ビデオ)「IU35の経験から学んだこと」
ヘレン・グライナー(iRobot共同創設者/1999年受賞)

■トークセッション「日本発・イノベーターたちに期待すること」
山崎直子氏(宇宙飛行士 )
渡辺美代子氏(科学技術振興機構 副理事 )
森正弥氏(デロイトトーマツコンサルティング合同会社/デロイトデジタル執行役員)
小林久(MITテクノロジーレビュー[日本版]編集長)

■授賞式/受賞者ショートプレゼンテーション
Innovators Under 35 Japanの受賞者(13名を予定)


なお、当日午前中には受賞者への公開インタビューを配信します。こちらも合わせてご視聴ください。

Innovators Under 35 Japan 2020 公開インタビュー
Supported by X-NIHONBASHI

受賞者に選ばれた13人のイノベーターのうち3名を東京・日本橋のX-NIHONBASHI TOWERのスタジオに招き、現在の活動内容や活動を始めたきっかけ、将来へ向けたビジョンを伺います。
インタビューの模様は当日、YouTube Liveにて生配信するほか、後日、MITテクノロジーレビューのWebサイトおよびマガジンに掲載します。

■11時〜 SkyDrive 代表取締役CEO 福澤  知浩 氏
日本発の「空飛ぶクルマ」起業家。2020年、日本初の有人飛行実験に成功し、3年後のサービスインを目指す。

■12時〜 Social Innovation Japan 共同創設者 ルイス ロビン敬
地球規模の環境問題に対し、身近な「給水アプリ」を軸にしたムーブメントを巻き起こす。

■13時〜 GITAI 創業者兼最高経営責任者 中ノ瀬 翔 氏
イーロン・マスクの「先」を見据え、宇宙のロボット化を目指す先駆者。


主催:MITテクノロジーレビュー[日本版]

協賛三井不動産X-NIHONBASHI

 

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ