このページの本文へ

「富士急ハイランド公式アプリ」運用開始、入園時の非接触化を実現

2021年02月03日 18時30分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 富士急行は2月3日、非接触を追求した富士急ハイランドを楽しむための便利な機能が詰まった「富士急ハイランド公式アプリ」の運用を開始した。

 本アプリは、チケット購入から顔認証登録を事前に行なうことで入園時の非接触化を実現する。また、各アトラクションの待ち時間をリアルタイムで表示でき、待ち時間を短縮する絶叫優先券の購入など、より快適に園内で過ごすことが可能になるとのこと。

 今後、様々なサービス・機能のさらなる拡充に加え、現在実証実験中の顔認証周遊パスとの連動なども検討している。将来的には、アプリ内の顔認証だけで富士山周辺のホテルやバス、観光施設の利用ができる観光MaaSの実現を目指しているという。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン