このページの本文へ

キヤノンMJ、法人向けESETエンドポイントセキュリティー製品のラインアップを拡充

2021年02月03日 18時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 キヤノンマーケティングジャパンは2月3日、法人向けエンドポイントセキュリティー「ESET Endpoint Protection シリーズ」のWindows用プログラムおよび統合管理システムの新バージョンV8の提供を2月10日より開始することを発表。また、ディスク暗号化の新製品“ESET Full Disk Encryption”の販売を同日より開始する。

 ESET Endpoint Protection シリーズの最新版は、セキュアーブラウザーとWMIスキャナー、システムレジストリスキャナーを新たに搭載した。

 セキュアーブラウザーは、主要なブラウザーをESETの保護下で実行し、ブラウザーを介した情報窃取を防ぐ。

 WMIスキャナーやシステムレジストリスキャナーは、WMIデータベースやシステムレジストリに書き込まれたサイバー攻撃の痕跡を検出、削除する。

 ESET Full Disk Encryptionは、パソコンのディスク全体の暗号化とプリブート認証をする。万が一紛失・盗難にあった際の情報漏洩を防ぐ。

■関連サイト

カテゴリートップへ