働く障がい者の新たな仕事を創出

就労継続支援事業所のスペースを活用したトランクルームシェアサービスの実証実験、大阪府枚方市で開始

文●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ヴァルトジャパンは1月28日から、LIFULL SPACEと連携して、働く障がい者が利用する就労継続支援事業所の遊休スペースを活用した「収納シェア」「発送代行サービス(分散型ロジスティックサービス)」に関する実証実験を、大阪府枚方市で実施している。

 LIFULL SPACEは、空きスペースを持つ個人・法人と、荷物を置きたい人を繋げるシェアリングエコノミーサービスである収納シェアを展開している。

 本実証実験では、収納シェアのユーザーに、VALT JAPANがネットワークする就労継続支援事業所の遊休スペースを提供する。所在地は大阪府枚方市伊加賀南町2-8。広さは0.87平米で、価格は月額1400円。また、有人のトランクルーム機能や収納シェア機能を付与した「EC商品の発送代行」、「ネットオークション出品代行」など、新たなシェアリングサービスの開発にも挑戦するという。

 今回の連携は、就労継続支援事業所で働く人々に新たな仕事を創出し、所得・工賃の向上を実現させることが目的だとしている。なお、本実証実験は、大阪府枚方市を皮切りに、ヴァルトジャパンがネットワークする全国の就労継続支援事業所へと拡大予定とのこと。

「ASCII STARTUPウィークリーレビュー」配信のご案内

ASCII STARTUPでは、「ASCII STARTUPウィークリーレビュー」と題したメールマガジンにて、国内最先端のスタートアップ情報、イベントレポート、関連するエコシステム識者などの取材成果を毎週月曜に配信しています。興味がある方は、以下の登録フォームボタンをクリックいただき、メールアドレスの設定をお願いいたします。

過去記事アーカイブ

2021年
01月
02月
03月
2020年
01月
07月
08月
10月
11月
12月
2019年
04月
06月