このページの本文へ

ModuleAppsを用いてロケーションバリューと共同開発

GODIVA公式アプリがリリース

2021年01月21日 16時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ゴディバ ジャパン(以下ゴディバ)と、ロケーションバリューは「ゴディバ公式アプリ」を共同開発したと1月20日発表した。アプリ開発には、ロケーションバリューが提供する国内最大級の公式アプリ開発サービス「ModuleApps」を活用したとしている。

 本アプリは、主に「Home」「Message」「Shop」「Reservation」「GODIVA AR Camera」の5つの機能がある。新商品情報をいち早く届けるMessageや、取扱商品に合わせた絞り込み検索機能を搭載したShop、人気の新商品の予約や取り置きができるReservationなどの機能を備える。GODIVA AR Cameraはシーズンに合わせたAR機能を備え、パッケージや店頭のポスターに専用カメラをかざすことで、写真映えするフレームやアニメーションが出現する。

 その他詳細はこちらから。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン