このページの本文へ

chaintope、飯塚市で行政文書のデジタル化社会実験を開始

2021年01月20日 17時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 chaintopeは1月20日、福岡県飯塚市で「トラストシステム(認証局)」を中心に据えた社会実験を2月28日まで実施すると発表した。この実験では住民票をデジタルデータとしてスマホにダウンロードして、 そのまま会社や団体に提出、 認証まですることができる。同市内の企業や団体が参加し、実際の運用に近い形で行なわれる。

社会実験のトラストサービス概要

スマホでの流れ

 トラストシステムは行政データのデジタル化を実現するための基盤となり、同社は、福岡県及び近畿大学産業理工学部、九州工業大学情報工学部の協力のもと、トラストシステムの構築及び運用体制の構築をしている。

 同社は行政サービスに適した電子データの信頼性を確保する仕組みである、トラストサービスの構築を目指す実証事業を、同市の住民情報システムの開発を手がけているGcomホールディングスと共同で実施する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン