このページの本文へ

「スマートレシート(R)」の社員食堂への導入を開始

2021年01月15日 13時00分更新

文● 東芝データ株式会社

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

東芝データ株式会社
~社員食堂での購買データと健康診断データを組合せたデジタルヘルス実証を計画~


 株式会社東芝の100%子会社である東芝データ株式会社(以下、東芝データ)は、東芝の浜松町本社(東京都港区)と川崎本社(神奈川県川崎市)の社員食堂において、12月1日より、東芝グループの電子レシートサービス「スマートレシート(R)(*1)」を導入しました。東芝グループは、東芝データがスマートレシート(R)によって収集した食生活関連データを、東芝が推進する「精密医療」領域におけるAI技術を活用したデジタルヘルス(*2)事業に組み合わせる実証実験を来期より実施し、従業員の健康増進をサポートします。
 新型コロナウィルス感染症により、企業と健康保険組合に求められる従業員の健康管理のあり方も大きく変化する中、テレワークをはじめとする急激な環境変化とそれに伴うストレスや運動不足、感染リスクに対する不安など、従業員の健康管理の課題は大きくなっています。企業にとっても、従業員ひとりひとりの健康に配慮することが、持続的成長に不可欠な要素となっています。その中で、人生100年時代に向け、予防医療や健康増進など私たちの健康な暮らしを持続させるデジタルヘルスが注目されています。

 今回、スマートレシート(R)を導入したのは、東芝グループの従業員約1万人を対象とした社員食堂です。スマートレシート(R)により、利用者は、食べた日付、メニュー、金額などの利用データの確認に加え、食生活の振り返りを行うことができます。また、東芝データは収集したデータを分析し、個人に合った栄養バランスの良いメニューや野菜不足を補う一品を推奨するお得なクーポンを送付することが可能となり、従業員の食生活の改善のサポートに貢献できます。

 今後、東芝データは、スマートレシート(R)を東芝グループの他の事業所の社員食堂にも展開するとともに、社員食堂で収集した食生活関連データと、スマートレシート(R)を導入しているスーパー、飲食店、大手チェーン店などの購買データとの連携を図ります。さらに、ウェアラブルデバイス等で収集できる体温・血圧等の日常のバイタルデータとの連携も進め、希望者に対して個別化された健康アドバイスを行うといった、ヘルスケアサービスとしての展開も予定しています。

 東芝グループでは、「精密医療」領域におけるAI技術として、健康診断データから将来病気になるリスクを可視化できる「生活習慣病の発症リスク予測AI(*3)」を事業化しています。東芝は、AIがこの発症リスクを下げるための生活習慣改善ソリューションを提案するサービス(*4)を2021年度上期から新たに開始予定です。また、健康診断後の保健指導において、収集した食生活関連データを組合わせて指導内容を個別化する実証試験の来期実施に向け、計画を策定しています。東芝データの食生活関連データを利用した健康施策と、東芝の生活習慣改善ソリューションを組み合わせたデジタルヘルスの取組みは、従業員の自律的かつ継続的な健康管理や生活習慣改善を支援できると考えています。
実証計画におけるサービスイメージ

 東芝グループは、本実証実験をモデルケースとして、デジタルヘルスを活用することで、with/afterコロナにおける従業員の健康維持と企業の健康経営の実現に貢献してまいります。

スマートレシートアプリのダウンロード

スマートレシート:https://www.smartreceipt.jp/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
*1 スマートレシート(東芝テック株式会社の登録商標)
店舗で買物客が会計をする際に、レジでレシート印字データそのものを電子化して提供することができるシステム。買物客はスマートフォンアプリに表示されたバーコードをレジで読み取ってもらうだけで、電子化されたレシートデータを受け取ることができる。

*2 デジタルヘルス
健康・医療・介護の分野でAIやIoTなどのデジタル技術を用いて、疾患の治療や予防に役立てる。スマートフォンのアプリやウェアラブルデバイス等を活用し、心拍数や歩行距離など各種生活行動データから健康状況を把握したり、データ分析から発症の時期予測を行ったりするなど、その応用範囲は多岐にわたる。

*3 生活習慣病の発症リスク予測AI
健康診断結果から生活習慣病発症のリスクを6年先まで予測する疾病リスク予測AIは、株式会社東芝と東芝デジタルソリューションズ株式会社が、SOMPOホールディングス株式会社と共同開発したものです。

2018年10月19日発表 「糖尿病などの生活習慣病リスクを予測するAIを共同開発 ―100万人の健診データから解析―」
https://www.toshiba.co.jp/about/press/2018_10/pr_j1901.htm

2020年7月13日発表 「6年先までの生活習慣病リスクを予測するAIのサービス提供を開始」
https://www.global.toshiba/jp/company/digitalsolution/news/2020/0713.html

*4 生活習慣病の発症リスクを下げる生活習慣改善ソリューションを提案するAI
https://www.toshiba.co.jp/about/press/2020_10/pr_j1501.htm
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン