このページの本文へ

eSportsシーンでも耐える前提のケース開発で超快適ゲームプレイが可能

140mmファンでしっかり冷却、Ryzen 5とRTX 3060 Ti搭載で性能&価格のバランスもいいゲーミングPC「GALLERIA(ガレリア) XA5R-R36T」

2021年01月13日 13時00分更新

文● 林 佑樹(@necamax) 編集●八尋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「GALLERIA XA5R-R36T」

 2020年は、CPUとGPUのメジャーアップデートが続いた。ハイエンドからミドルクラスへと拡充が進み、2021年1月時点ではミドルクラスのBTOパソコンも豊富に登場している。またCPUとGPUの更新期になると、購入タイミング的に今使用しているパソコンのパワー不足も感じがちになる。とくに4年以上前に導入したパソコンであれば、なおさらだ。

GeForce RTX 3060 Tiを搭載

 そこで今回は、15万9980円(税別)からで、Ryzen 5 5600XとGeForce RTX 3060 Tiを搭載するミドルクラスの「GALLERIA XA5R-R36T」をチェックしていく。フルHDやWQHDであればグラフィック設定を高くしたり、フレームレートを稼いだりしやすい、お買い得モデルだ。

フロント部が発光するほか、左側面の一部はケース内部が見える仕様だ。ちなみにライティングはプリインストールされているアプリケーションで色の変更や消灯が可能だ

 GALLERIA XA5R-R36Tは、2020年に刷新されたあらたな共通筐体を採用している。ゲーミング用途を意識して開発されたもので、使い勝手とメンテナンスのしやすさが魅力のケースだ。もちろん、冷却性能と静音性のバランスも考慮しており、ゲームに没入しやすくなっている。

 サイズはおよそ幅220×奥行440×高さ480mmで、本体正面下部と左右から吸気し、天板と背面から排気する。幅は、ほかの一般的なケースと比較してみるとやや幅広なのだが、これは低回転で冷却性能を確保できる140mmファンを搭載しているためだ。

 140mmファンを正面、天板、背面の3ヶ所に設置し、また大型空冷CPUクーラーを搭載もしやすく、動作時の騒音を最小限に抑えつつ、高い冷却性能を確保している。eSportsシーンでも耐える前提のケース開発の恩恵でもあり、マシンの熱と騒音をあまり考えないでゲームプレイに集中しやすいと捉えておくといいだろう。

 インターフェースは正面と背面にある。正面にはUSB 3.2 Gen1 Type-Ax4、ヘッドフォン端子、マイク端子があり、背面にはPS/2×1、USB 3.2 Gen1 Type-A×6、有線LAN、オーディオ出力がある。映像出力はHDMI 2.1x1、DisplayPort 1.4ax3となっている。なおWi-Fiはカスタマイズから追加可能だ。

正面インターフェース部分は、傾斜がついていてデスク上に置いても下に置いてもアクセスしやすくなっている

背面。上部にあるHDMI出力は本機構成では使用しない

 さて。ケース内を見てみよう。試用機では、マザーボードである「ASRock B550 TW」や定番CPUクーラー「Scythe 虎徹 MarkⅡ」を確認できるほか、下部には3.5インチシャドウベイ×2がある。シャドウベイは取り付けしやすいタイプになっており、両側面のパネルを外すことでSATAケーブルと電源ケーブルのマネージメントもしやすい。ストレージを流用する予定であれば、この点はありがたい部分になるだろう。

ケース内部。十分な余裕があり、エアフローに影響する要素は極小

定番CPUクーラー「Scythe 虎徹 MarkⅡ」を採用

ケース下部にある3.5インチシャドウベイ×2

正面側上部には5インチシャドウベイがあり、光学式ドライブなどを追加できる

試用機の主なスペック
機種名
CPU Ryzen 5 5600X(3.7GHz~4.6GHz)、6コア/12スレッド
GPU GeForce RTX 3060 Ti
メモリー 16GB
ストレージ 500GB SSD(M.2接続/NVMe対応)
マザーボード ASRock B550 TW (AMD B550チップセットATXマザーボード)
PCケース ガレリア専用 SKケース
内蔵ドライブ ー(カスタマイズで選択可能)
通信規格 有線LAN(1000BASE-T)
サイズ およそ幅220×奥行440×高さ480mm
OS Windows 10 Home(64bit)

■関連サイト

カテゴリートップへ

関連サイト
コンテンツ