このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

このスマホ、ホントに買い? 話題のスマホ徹底レビュー 第252回

安価だけどメイン機として十分使える5Gスマホ「TCL 10 5G」

2021年01月14日 12時00分更新

文● 中山 智 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

低コストで5G対応
ゲームもカメラもそこそこいける「TCL 10 5G」

 5G対応のスマートフォンはハイエンドモデルに注目があつまるが、ミッドレンジやローエンドモデルにも5G対応モデルが登場してきている。今回ピックアップする「TCL 10 5G」も直販価格で3万9800円と、低コストで入手できる5Gスマホだ。

5G対応のミッドレンジスマホ「TCL 10 5G」

 ディスプレーは6.53型(1080×2340ドット)のLTPS液晶パネルを採用。ナローベゼルでパンチホールタイプのインカメラとなっているため、画面占有率は91%となっており、使ってみるとかなり大型のディスプレーを搭載したスマートフォンという印象だ。

6.53型の液晶ディスプレーを搭載

ナローベゼルで画面占有率は91%

 さらに「HDR10」にも対応し、通常のSDR動画もHDRレベルにコントラストや色合いを調整する機能を搭載。実際に動画コンテンツなどを見てみると、シャープでくっきりとした映像となっている。ちなみにTCL 10 5GはNetflixのHDR10対応デバイスなので、Netflixのヘビーユーザーにもピッタリだ。

 本体デザインは全体的に丸みを帯びたフォルムで、サイズは約76.6×163.5×9.1mm。液晶モデルということもあり、数値的には厚みがあるが、持ってみると丸みのあるデザインで持ちやすい。ただし本体重量は約210gでズシリと重さを感じる。

 本体右側面には音量ボタンと電源ボタン、上部にはイヤホンジャック、下部にはType-Cポートを配置。本体左側面にはSIM・microSDをセットするスロットのほか、TCL独自のスマートキーが用意されている。

イヤホンジャックも用意されている

右側面の音量ボタンと電源ボタン

USBはType-C

 スマートキーは設定から機能の割り当てが可能。1回押しの「シングルプレス」、2回押しの「ダブルプレス」、そして「長押し」と3つの動作それぞれに割り当てが可能。カメラの起動といった動作が割り当てられるが、カメラアプリだけでも、「フロントカメラの起動」、「カメラ・プロモードの起動」など11種類も用意されており、ユーザーの使い方に合わせて細かな設定が可能だ。

本体左側面にあるスマートキー

スマートキーに割り当てられる機能も豊富

 SIM/microSDのスロットは、ピンで押し出すトレー式。SIMとmicroSDそれぞれセットするスペースが用意されているが、端末自体はシングルSIM使用となっている。5G通信機能はサブ6のn77/78の2バンドに対応。5G対応のSIMフリースマートフォンにはよくある仕様だが、ドコモのn79(4.5GHz帯)には非対応のため、ドコモSIMで運用する場合には注意が必要だ。

SIMとmicroSDはそれぞれひとつずつセットできる

 mineoのソフトバンク回線を使った5G対応SIMでテストしてみたところ、5Gエリアではアンテナピクトは5G表示になっていた。

mineoのソフトバンク5G対応SIMでスピードテストを実施した結果

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン