このページの本文へ

露呈した食の脆弱性、 食料システムの再構築で 次の世界的危機に備えよう

2021年01月04日 06時59分更新

文● Fabio Parasecoli

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

遺伝子組み換えをはじめとする食料テクノロジーは、決して持続可能性と人類の幸福を脅かすものではない。新型コロナウイルスの流行で食料危機を経験した今こそ、技術がたもらす利益の分配を改める時だ。

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ