このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

このスマホ、ホントに買い? 話題のスマホ徹底レビュー 第246回

1画面と2画面で魅力が変わる5Gスマホ「LG VELVET」

2020年12月30日 12時00分更新

文● 村元正剛(ゴーズ) 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 12月18日にドコモが発売した5Gスマホ「LG VELVET」を使ってみました。5月に発売された「LG V60 ThinQ 5G」と同じように「LGデュアルスクリーン」を装着して“2画面スマホ”として使えるユニークなモデルです。LG V60 ThinQ 5Gにはデュアルスクリーンが同梱されていましたが、LG VELVETは購入時にデュアルスクリーンの有無を選択可能。価格は本体のみが7万488円(スマホおかえしプログラム適用時の実質負担金は4万6992円)で、デュアルスクリーン付きが8万8704円(同5万9136円)。どちらにすべきかを迷っている人にも、このレビューが参考になれば幸いです。

LG VELVET単体では、薄型スマホとして使いやすい

 まず、LG VELVET本体だけで使ってみました。約6.8型の有機ELディスプレーを搭載し、サイズは約H167×W74×7.9mmで、重さは約180g。第一印象は「大画面で薄くて、スタイリッシュなスマホ」という感じ。若い世代や女性に似合いそうで、筆者のようなオジサンには向かないかも……と思ったのが本音です。

約20.5:9の縦長画面を搭載。横幅が74mmと比較的スリムで持ちやすい

カラバリは、この「オーロラグレー」のほかに「オーロラホワイト」がある。背面パネルがガラス仕上げ

 約6.8型のディスプレーの解像度はフルHD+(2460×1080ドット)。有機ELなので、明るくクッキリとした画質を得られます。左右のベゼルが細く、インカメラをしずく型のノッチに搭載しているので、画面占有率はかなり高いはずです。

しずく型のノッチに1600万画素のインカメラを搭載

画面内に指紋センサーを搭載し、画面オフの状態から素早くロックを解除できる

 正面・背面どちらにもエッジが曲面の3Dガラスを使っているためか、左右のフレームが非常に細く、手にすると、スペックの数値以上に薄く感じます。右側面に電源ボタン、左側面に音量ボタンとGoogleアシスタントをワンタッチで起動できるボタンを搭載。底部にはUSB Type-Cポートとイヤホンジャックを備えています。

右側面に電源ボタンを搭載

左側面に音量ボタンとGoogleアシスタントキー

底部にUSB Type-Cポートとイヤホンジャック

ハイエンドモデルに近い性能を備え、電池持ちも良好

 LG VELVETの利点は、なんといっても大画面でしょう。縦に長いのでウェブやSNSが見やすく、横向きにすると「YouTube」や「Netflix」などの映像コンテンツを楽しむのに最適。しかも、「LG 3Dサウンド」という映像に合わせて最適な音響効果が有効になる機能も搭載。映画や音楽ライブなどを観るときに、手軽に臨場感をアップできます。

本体の上下に搭載した内蔵スピーカーの音質をカスタマイズできる独自機能を搭載

 CPUはSnapdragon 765G(最大2.4GHz)で、メモリーが6GBで、内蔵ストレージが128GB。ミドルハイに位置付けられる仕様ですが、実際の使用感としては、Snapdragon 800番台を採用するハイエンドモデルと比べて、さほど遜色はない印象。画面を分割する「マルチウインドウ」や「ギャラリー」での写真や動画の編集もストレスなく使えました。

「GeekBench 5」というアプリでベンチマーク測定した結果。1世代前のハイエンドモデルと同等と言ってもいいだろう

 4300mAhのバッテリーを内蔵していることもあり、電池持ちは良いほう。ヘビーユーザーを自認する人でなければ、1日は持つはずです。ワイヤレス充電にも対応しているので、Qi対応の充電器を持っている人には便利でしょう。

バッテリーの管理画面。「自動節約」をオンにして使ったが、余裕で1日以上持った

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン