このページの本文へ

米2例目の許可、ワクチン10億回分の製造急ぐモデルナCEOに聞く

2020年12月21日 06時57分更新

文● Antonio Regalado

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

バイオテク企業のモデルナが開発した新型コロナワクチンは、米政府によるワクチン開発計画「ワープ・スピード作戦」の初の成果であり、米国経済回復の切り札と目されている。同社のCEOに、同ワクチン開発の経緯や今後の課題について聞いた。

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ