このページの本文へ

最軽量のThinkPadが日本でも発売です

レノボが超軽量の「ThinkPad X1 Nano」発表=Tiger Lakeに縦長画面、5G内蔵で900グラム台実現

2020年12月08日 11時00分更新

文● 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 レノボは12月8日、ThinkPadシリーズの新モデル「ThinkPad X1 Nano」を発表した。

 世界向けには9月に公開され、13インチのディスプレイを搭載した軽量モデルである。900グラム台を実現したうえ、Tiger Lakeを搭載し、16対10の縦長画面に、5Gモデムも選択できる、4拍子そろった最新モバイルノートである。

ThinkPadの堅牢性を保持した最軽量モデルX1 Nano

 価格は税別で26万円からで12月8日発売となっている。

Tiger Lake搭載でついに1キロ切り
画面は16対10比率の縦長で5Gモデムも搭載可能!!

ヒンジは伝統のフルフラット・オープンだ

 X1 Nanoは、ThinkPadのモバイルシリーズで、X1 CarbonとX1 Foldの間に位置する製品で、重さ907グラムで最軽量のX1である。インテルのEVOプラットフォーム認証をとっているので、高速起動や長時間駆動、高速充電が期待できる。

ThinkPadシリーズの最新分類チャート

 CPUはTiger Lakeでも省電力のUP4(7~15W)である「i5-1130G7」または「i7-1160G7」で、メインメモリは8または16GB、ストレージSSDは128、256、512GB、1TBから選択できる。

あらゆるパーツが軽量化を目指した設計になっている

CPUの熱はヒートパイプによって、本体右側から排出する

X1 Carbonの半分の面積・質量を実現したメインボード

 ディスプレイは13.0インチで縦横比が16対10の縦長、解像度は2160×1350ドットのIPS液晶でドルビー・ビジョン対応である。「ノンタッチ+ノングレア」と「タッチ+グレア」の2タイプがあり、ともに最大輝度は450nitでsRGB100%の色域を持つ。

 無線はWi-Fi6とBluetooth5.1に加えて、WWANではLTEと5Gを選択できる。

WWAN内蔵モデルでは本体の背面側にSIMスロットが設置される。

 カメラはIRと720PのHDカメラを搭載し、マイクは360度タイプを4本搭載、スピーカーも4本内蔵し、ドルビー・アトモス対応だ。

 インターフェイスはUSB3.1 Gen2×2(Thunderbolt 4 対応)に、マイク・ヘッドホンのコンボジャックのみと非常にシンプルである。

本体左側に全コネクタが並び、右側は排気口と電源スイッチのみである。

ThinkPadでおなじみの、周辺が傾めにカットされた底面デザイン

 バッテリーは48Wh搭載で、最大22.87時間(JEITA2.0)持続可能。ACアダプターはタイプC接続の65W出力である。

 本体サイズは292.8×207.7×16.75ミリと、縦横ともにA4判より数ミリ小さい。重量はモデルにより異なるが、最低で907グラムとなっている。

 トップカバーは通常の黒とカーボンファイバーの2種類があるが、ディスプレイがタッチではカーボン柄、ノンタッチでは黒という組み合わせになっている。

左がカーボン柄、右がブラックのトップカバー

 キーボードはもちろんnanoのサイズで新たに開発したもので、日本でもUS配列とJIS配列を選択できる。タッチパッド横には指紋センサーがあり、指でログイン認証が可能だ。

左が日本語配列、右がUS配列

 また、ディスプレイ上部には、こちらも新規開発されたレーダー方式の人感センサーを搭載しており、離席を自動感知してログオフし、顔認証と合わせれば、タッチレスで自動ログインが可能だ。

 新しく発売となるタイプC接続のポートリプリケーター「Lenovo USB Type-C ポートリプリケーター」は、100×40×12ミリ、50グラムという小型軽量ながら、HDMI2.0、USBタイプA (USB3.1 Gen2, 10Gbps)×2、USBタイプC(充電用・他機能不可)、SDカードリーダー、マイクロSDカードリーダーと6端子が付く。

 型番は「4XH1C12753」で、定価は1万1000円、発売開始予定は12月15日となっている.

小型ポートリプリケーターは50グラムと超軽量だ

大和が取り組んだ、軽量化への取り組み

Intelligent Thermal Solutionによって、静音から最高速まで自動で「変速」してくれる

5G内蔵のためにアンテナの電波効率も再設計されている

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン