このページの本文へ

Withコロナ時代に、非接触で安心かつ楽しい “ロボ接客 ”。牛角・しゃぶしゃぶ温野菜・土間土間の一部店舗で「Servi(サービィ)」導入

2020年12月03日 10時00分更新

文● ソフトバンクロボティクス株式会社

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ソフトバンクロボティクス株式会社
~コロナ影響による人手不足解消にも着手~

ソフトバンクロボティクスの配膳・運搬ロボット「Servi」が、牛角・しゃぶしゃぶ温野菜・土間土間などの一部店舗に導入


コロワイドグループの株式会社レインズインターナショナルは 2020年12月3日より、ソフトバンクロボティクス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼 CEO:冨澤 文秀)の配膳・運搬ロボット「Servi(サービィ)」を、USEN-NEXT GROUPの株式会社 USEN(本社:東京都品川区、代表取締役社長:田村 公正)協力のもと、牛角・牛角ビュッフェ・しゃぶしゃぶ温野菜・居酒家 土間土間・かまどか・とんかつ神楽坂さくらの一部店舗にて先行導入します。


【ニュースタンダードな “ロボ接客”】
レインズインターナショナルでは、第3波ともいわれる新型コロナウイルスの感染が広がる中、従業員との接触機会を減らし、少しでもお客様の不安を払拭したいという想いから、配膳・運搬ロボット「Servi」を導入します。
Serviの動作は滑らかで、料理や空いた食器を安定して運べます。単なる非接触型の配膳というだけでなく、“声を発するロボットが接客する”という新しい体験をお届けします。

【人手不足を解消し、お客様満足度の向上を目指す】
新型コロナウイルスの影響で勤務を控えるアルバイト従業員が増えている中、Serviの活用でサービス力を補います。配膳・運搬をロボットが行う事で、出来たての料理やドリンクをいち早く届けます。従業員の負担が軽減するので、多くの時間を他の接客業務に充てる事ができます。
従業員の集まりづらい昼や夕方の早い時間帯に稼働する事で、営業効率の最大化を図ります。今後においては200店舗の導入を検討しています。

【12月3日導入店舗】
■牛角 白井店
■牛角ビュッフェ多摩境店
■しゃぶしゃぶ温野菜 富里店
■土間土間 亀戸店
■かまどか 秋葉原店
■とんかつ神楽坂さくら 馬事公苑店
※先行導入は12月20日までを予定

<Servi(サービィ)概要>



高性能のセンサーを装備し、スムーズかつ安全な移動を実現。前方死角なしで、人や物を滑らかに避け、料理などを安定的に運びます。最短60cm※の幅を通過することが可能で、人とのすれ違いもスムーズです。
360°どこからでも料理などの運搬物を載せられ、総積載量も35kgと、重い食器や複数の料理なども一度に配膳する事が可能です。
※ご利用の環境・ご利用方法によって必要な通過幅は異なります。

「Servi」の詳細は製品ページをご覧ください。
https://www.softbankrobotics.com/jp/product/servi/spec/
【株式会社 USENへのお問い合わせ】
https://usen.com/info/chaintech/service/input.php

<安全安心の取り組み>
レインズインターナショナルでは、新型コロナウイルス感染防止に向けて、店舗で様々な取り組みを行っております。
マスクの着用 :全従業員マスク着用の徹底
手洗い消毒  :全従業員が営業中の定期的な手洗い・アルコール消毒を徹底
離してのご案内:出来るだけ離してご案内し、飛沫感染の防止
定期的な換気 :定期的に空気の入れ替えを実施
アルコール設置:全店舗アルコール消毒液の設置
店内設備の消毒:お客様ご利用の都度、テーブル・椅子等の消毒

【会社概要】
株式会社レインズインターナショナルhttp://www.reins.co.jp/
所在地:横浜市西区みなとみらい2-2-1 ランドマークタワー12F
代表取締役社長:根本寿一

「牛角(国内606店舗)」、「牛角ビュッフェ(国内10店舗)」「しゃぶしゃぶ温野菜(国内308店舗 )」、「居酒家 土間土間(国内102店舗)」、「かまどか(国内39店舗)」、「とんかつ神楽坂さくら(国内7店舗)」等の飲食店を経営。
※店舗数は2020年11月1日現在。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン