このページの本文へ

IDCフロンティアが運用と管理を担当

ソフトバンク、東京都府中市に大規模データセンターを開設

2020年12月01日 19時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「東京府中データセンター」外観

 ソフトバンクと、ソフトバンクの子会社でクラウド・データセンター専業会社のIDCフロンティアは12月1日、「東京府中データセンター」を東京都府中市に開設し、同日から運用を開始した。本データセンターは、両社が保有するデータセンターで最大の規模。

サーバールーム(コロケーション)

サーバールーム(データホール)

 東京府中データセンターは、クラウドサービスの需要拡大や、AI・IoT時代の多様な需要に対応するため、大規模な受電容量と広大なスペースを提供する「ハイパースケールデータセンター」として開設された。

 本施設は最大50MWの受電容量を備え、ソフトバンクが保有している都内最大のデータセンターのおよそ2倍となる、延べ床面積4.5万平方メートル超の大規模データセンター。サーバー棟とオフィス棟で構成され、サーバー棟にはおよそ4000ラックの設備を収容し、室単位のデータホールサービスや、高密度かつ1ラック当たり最大20キロボルトアンペア(kVA)の電力高負荷に対応するコロケーションサービス、各種マネジメントサービスを提供。また、本データセンターのオフィス棟の一部を、顧客専用のオフィスやラボ環境などに利用できる多目的スペースとして提供する。

 さらに、ニューノーマル時代に即したセキュリティーとして顔認証システムを導入し、非対面かつ非接触型でスピーディーな入館が可能。サーバールームの入退室は、顔認証に加えて他の生体認証(静脈認証など)を組み合わせることで、物理キーを使用せずにラックを解錠でき、より高度なセキュリティーを実現したとする。

エントランスロビー

オフィススペース

 ソフトバンクは、本データセンターを国内外の他の通信事業者の回線サービスなどにも対応したキャリアフリーのスペースとして提供。また、本データセンターと都内にある自社のネットワークセンターなどを低遅延かつ高品質の伝送路システムで接続する。

 IDCフロンティアはデータセンター運用の知見を生かし、本データセンターを含む両社のデータセンター15拠点の運用と管理を担当する。また、他のIDCフロンティアの拠点およびクラウドサービスとも接続し、データホールサービスやコロケーションサービスなどのビジネスニーズに合わせたIT基盤を提供する。

無停電電源装置(UPS)

免震装置

カテゴリートップへ

ピックアップ