AMD X570/B550およびA520マザーボードで大幅に性能アップ

GIGABYTE、AMD Smart Access MemoryおよびRage Mode対応の最新BIOSを公開

文●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 GIGABYTEは11月30日、AMD Smart Access MemoryおよびRage Mode対応の最新BIOSを公開した。

 GIGABYTE AMD 500シリーズのマザーボードと、AMD Ryzen 5000シリーズ、Radeon RX 6000シリーズのビデオカードと組み合わせることで大幅な性能向上が期待できるという。BIOSをアップデートした後、BIOSで「Above 4G Decoding」および「Re-Size BAR Support」を有効化、UEFI モード (CSM Support 無効) に設定。Rage Modeはビデオカードのドライバーから有効化する。

アップデート後にBIOS設定

 最新BIOSは、各製品ページにて公開。更新には通常の「@BIOS」や「Q-Flash」が使用できるほか、今回アップデート対象となったマザーボードには対応するCPUがなくても更新可能な「Q-Flash Plus」機能が搭載されている。

Smart Access Memory機能が正常に有効化されるとWindows 10デバイスマネージャーのグラフィックスカード・プロパティに「Large Memory Range」が追加される

■関連サイト

過去記事アーカイブ

2021年
01月
2020年
01月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2019年
01月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
11月
12月
2017年
08月
2015年
04月
09月
2014年
10月
2010年
01月
02月