Razer、形と機能にこだわったゲーミングPCケース「Razer Tomahawk ATX/Mini-ITX」

文●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Razerは11月26日、形と機能にこだわったゲーミングPCケース「Razer Tomahawk ATX」および「Razer Tomahawk Mini-ITX」の日本国内発売を発表。12月8日に発売する。

 両側に回転式強化ガラスドアを配置、前開きのドアは取り外し可能でパーツの取り付けがが容易。エアフローを考慮し、熱を背面からだけでなく上部からも逃がし、前面と底面から冷たい空気を取り入れる。また、カスタム水冷ユニット/オールインワン水冷ユニット(簡易水冷)のどちらを使用する場合でも、ATXは最大360mm、Mini-ITXは最大240mmのラジエーターを収容可能。

 前面パネルにはUSB 3.2 Gen 2 Type-Cポートや配信に最適なマイク専用ポート、マイク/ヘッドフォン複合ポート、USB Type-Aポーを配置。Razer Synapse 3を介してTomahawkのアンダーグローのカスタマイズが可能。1680万色のカラーオプションと効果のコレクションからデスクトップのアイテムとライティングを同期させることができる。

 Razer Tomahawk ATXはおよそ幅235.4×奥行き494.6×高さ475mm、価格は3万800円。Razer Tomahawk Mini-ITXはおよそ幅206.2×奥行き367.2×高さ321.5mm、価格は2万7800円。

■関連サイト

過去記事アーカイブ

2021年
01月
02月
2020年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
10月
11月
12月
2019年
01月
03月
04月
07月
08月
10月
11月
12月
2018年
06月
07月
11月
12月
2017年
01月
07月
10月
12月
2016年
01月
11月
2013年
03月