このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

HDMI入力でゲーム機などと接続して単体ディスプレーとしても使用可能

狭ベゼルに4本脚型スタンドでスッキリしたPCデスク環境にできる富士通一体型PC「ESPRIMO WFB/E3」 (1/2)

2020年11月27日 09時00分更新

文● 山口優 編集●八尋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

富士通クライアントコンピューティングの「ESPRIMO WFB/E3」

 富士通クライアントコンピューティングのオールインワンパソコン「ESPRIMO FH」シリーズに、23.8型ディスプレーを採用した新モデルが追加された。狭額縁デザインや4本脚型のスタンドを採用することで省スペース性を高めており、机上にもスッキリ設置することができる。

 また、人感センサーや顔認証センサーを利用してログインの手間を省くなど、使い勝手のよさも大きな特徴になっている。今回、そのWeb直販カスタムメイドモデルのうち、AMD Ryzenプロセッサーを搭載した「ESPRIMO WFB/E3」を試せたので、製品の外観や使い勝手、パフォーマンスなどを2回にわたって紹介していこう。

狭い机にも設置しやすい省スペース設計

 ESPRIMO WFB/E3は、23.8型のフルHDディスプレーを搭載したオールインワンタイプのデスクトップパソコンだ。ディスプレー周囲の額縁を細めたベゼルレスデザインを採用することで省スペース化を図り、およそ幅544×奥行き174×高さ385mmという比較的コンパクトな本体サイズを実現している。

 ESPRIMO WFB/E3のスタンドはスリムな4本脚型を採用しており、狭い机の上にも設置しやすいのが特徴。本体下にはかなり広いスペースが設けられており、付属のワイヤレスキーボードとワイヤレスマウスを並べて収納しても少し余裕がある。「大画面で作業したいけれど設置スペースが……」と頭を悩ませている人にはありがたい設計だ。

4本脚型のスタンドを装備している

本体下には広めのスペースがあり、キーボードとマウスがすっぽり収納できる

 ESPRIMO WFB/E3の本体のカラバリは、ブラックとホワイトの2種類。いずれもスタンドはシルバーで、それぞれ本体カラーに合わせたワイヤレスキーボードとワイヤレスマウスが同梱されている。今回の試用機はブラックモデルで、本体前面のベゼル部分はグレアパネル採用のディスプレーに合わせて光沢仕上げに、本体サイドや背面は汚れや傷が目立ちにくいマット仕上げになっているのが印象的だった。

 ESPRIMO WFB/E3のインターフェースはかなり充実しており、本体左側面に光学ドライブが、右側面にダイレクト・メモリースロットとUSB Type-A、USB Type-C、マイク・ラインイン・ヘッドフォン・ラインアウト・ヘッドセット端子が、本体背面に有線LAN端子、HDMI入力、HDMI出力、USB Type-A×2が搭載されている。なお、光学式ドライブはCTOでBDXL対応Blu-ray DiscドライブとDVDスーパーマルチドライブのいずれかから選択可能だ。

本体左側面には光学式ドライブを搭載。また、外部映像入力に切り替えるボタンや、輝度調節ボタンと音量調節ボタン(いずれもHDMI入力用)なども用意されている

本体右側面には、ダイレクト・メモリースロットとUSB 3.2(Gen1) Type-A、USB 3.2(Gen2、 Type-C)、マイク・ラインイン・ヘッドフォン・ラインアウト・ヘッドセット端子が搭載されている

本体背面には、有線LAN端子、HDMI入力、HDMI出力、USB 3.2(Gen1) Type-A×2が搭載されている

富士通 FMV ESPRIMO FH

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART
富士通
【300*80】 ascii 富士通 WEB MART 個人
  • 富士通
  • 富士通

製品ラインアップ

ノートブックパソコン/タブレット

  • 富士通 FMV LIFEBOOK NH
  • 富士通
  • 富士通 FMV LIFEBOOK TH
  • 富士通 FMV LIFEBOOK UH
  • 富士通
  • 富士通 FMV LIFEBOOK CH
  • 富士通 arrows Tab QH

デスクトップパソコン

  • 富士通
  • 富士通

その他の注目商品

  • 富士通