このページの本文へ

Visaのタッチ決済で鉄道の支払い 京都丹後鉄道で開始

2020年11月20日 23時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 三井住友カード、ビザ・ワールドワイド・ジャパン、WILLER、QUADRACの各社は、京都丹後鉄道におけるVisaのタッチ決済の取り扱いを11月25日に開始すると発表した。

 今回のサービスは三井住友カードとビザ・ワールドワイド・ジャパンが開発する次世代決済プラットフォーム「stera」を用いており、このsteraとQUADRACの公共交通機関向けシステムを連携させることで、運賃計算やリスク管理、企画きっぷなど、鉄道事業者が必要なさまざまなサービスをクラウド経由のソリューションとして提供する。一方ユーザーは、車内、駅構内に用意された決済端末にVisaのタッチ決済に対応したカードやスマホなどを乗降時にかざすだけで、料金の支払いが可能。さらにQUADRACが提供するウェブサービスで利用履歴を確認する機能も用意される。

 今後はMaaSアプリへの展開を始め、鉄道やバスを含む、各種交通サービスへのソリューション提供も予定しているとのこと。

 

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン