このページの本文へ

日本では年内発売予定

RHA、初のANC搭載完全ワイヤレスイヤホン「TrueControl ANC」

2020年11月20日 18時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「TrueControl ANC(トゥルーコントロール・エー・エヌ・シー)」

 ナイコムは11月19日、英国イヤホンメーカーRHAが同社初となるアクティブノイズキャンセリング機能搭載の完全ワイヤレスイヤホン「TrueControl ANC(トゥルーコントロール・エー・エヌ・シー)」を発売したと発表。日本での販売開始は年内を予定しており、発売日が決定次第改めて発表するとしている。日本国内価格は未定で、グローバルプライスは329.95米ドル。

 TrueControl ANCは、RHA初となるアクティブノイズキャンセリング機能搭載の完全ワイヤレスイヤホン。最先端のANC技術に、優れたフィッティング性能によるノイズアイソレーション設計の相乗効果が加わり、飛行機のエンジン音や地下鉄の騒音、さらに空調ノイズやパソコンのタイピング音まで、様々な騒音を低減するという。また、適正な音量で音楽リスニングができるので、難聴防止にも有効としている。6mm径ダイナミックドライバーを搭載し、RHAのチューニング技術によりANCを常時オンにしても自然なHi-Fiサウンドを再生できるとする。

 仕事中や外出中などに適したアンビエントモード(外音取り込み機能)も搭載。仕事中の会話や電車内のアナウンスを聞く時でも、イヤホンを外さずにワンタッチで外音を聴ける。外音の音量は調整が可能で、環境などに合わせて変更できる。

 さらにデュアルマイク搭載による「Qualcomm cVc」を採用し、通話時の環境ノイズも低減。接続デバイスのスマート音声操作にも対応する(Siri、Google アシスタント、Bixby)。その他、IPX4相当の生活防水や、Qi規格のワイヤレス充電、急速充電などの機能を備える。常時ANCをONにしても本体5時間+充電ケース15時間の長時間再生が可能としている。

 AAC、apt-Xなどの高音質コーデックにも対応。専用スマホアプリによるパーソナライズやFWアップデートも予定。保証期間は3年間。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン