このページの本文へ

DisplayPort Alt Mode/USB Power Delivery対応のUSB Type-C装備

マウス、AMD Ryzen 5 4500U搭載で8万円台の15.6型ノートPC

2020年11月19日 04時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

mouse B5-R5

 マウスコンピューターは11月19日、15.6型ノートパソコン「mouse B5」シリーズから、AMD Ryzen 5 4500Uを搭載する新モデル「mouse B5-R5」を発売すると発表した。11月20日から販売を開始する。価格は8万7780円。

新色アイスシルバーと天板のヘアライン加工

 天板にヘアライン加工を施し、新色「アイスシルバー」を採用したバリエーションモデル。

「mouse F5-i5」と比較して、シングルコア性能が約6%、マルチコア性能が約85%向上

グラフィックス性能は約80%向上

 CPUとして採用したAMD Ryzen 5 4500Uは6コア/6スレッドで稼働し、従来の同等クラスの製品(mouse F5-i5)と比較して、シングルコア性能が約6%、マルチコア性能が約85%向上しているとのこと。CPUにはAMD Radeon グラフィックスを内蔵し、グラフィックス性能も約80%向上しているため、高画質な動画視聴や写真編集、複数のソフトウェアを同時に起動する作業なども快適だという。

最大3画面のマルチディスプレー環境を構築可能

USB Type-Cからの本体充電に対応

 そのほかの主なスペックは、メモリーが8GB、ストレージが256GB SSD。ディスプレーは15.6型で、解像度はフルHD(1920×1080ドット)。インターフェースは、HDMI×1、USB Type-C×1(DisplayPort Alt Mode、USB Power Delivery対応)、USB Type-A(USB 2.0)×2 、USB Type-A(USB 3.0)×1、ギガビットイーサネット×1、ヘッドホン出力×1などを装備する。

 そのほか、ワイヤレス通信はWi-Fi 6とBluetooth 5.0に対応する。バッテリー駆動時間は約8.5時間。本体サイズ(折りたたみ時)/重さは、およそ幅360.4×奥行き239.3×高さ19.9mm/およそ1.62kg。詳細スペックは以下のとおり。

カテゴリートップへ