このページの本文へ

「三菱地所のレジデンスクラブ」会員が対象

NearMeと三菱地所、AIを活用した都市型MaaSの実証実験を開始

2020年11月16日 18時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 NearMeと三菱地所は11月16日、「三菱地所のレジデンスクラブ」会員を対象に、独自のAIを活用したオンデマンド型シャトルを相乗り利用できる新サービス「nearMe.Town」の実証実験を開始した。

 nearMe.Townは、エリア内の希望の発着地点を予約することで、オンデマンド型シャトルを相乗りで利用できるサービス。AIが複数人の輸送に最も効率的なルートを選択するため、通常のタクシーよりも低価格で利用できるという。

 本実証実験では、対象者に無料でサービスを使ってもらい、ニーズや効果を検証する。実験期間は2021年2月15日までを予定している。実験結果などをふまえて、新しいモビリティーサービスとして事業化を目指すとのこと。

 対象者は、該当2エリア(①中央区・江東区、②目黒区・世田谷区・渋谷区)内に居住する、三菱地所のレジデンスクラブ会員(ロイヤル・プレミアム)など、各エリア先着約500名(対象者にはチラシの配布やメールマガジンを配信している)。

 サービスの利用時間は7時00分~20時00分。発着点はそれぞれ、中央区・江東区の居住者が中央区/江東区/千代田区/港区内、目黒区・世田谷区・渋谷区の居住者が目黒区/世田谷区/渋谷区/港区内。

 サービスの利用はオンラインでの事前予約制で、利用日の前日15時00分までに予約する必要がある。対象者は何度でも利用可能だ。

 なお、新型コロナウイルス対策として以下の7点を実施する。

 1.乗車中の車内換気の徹底
 2.運行前の全乗務員の検温とマスク着用
 3.乗車時のアルコール消毒
 4.前日までに乗車する利用者を決定し、感染者が出た場合は早急な対応をとる
 5.降車後の清掃時、利用者が触れる箇所にアルコール消毒を実施
 6.乗車する利用者同士が隣接しないよう、少人数/大型車で展開
 7.乗車する利用者にはマスク着用を呼びかけ

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン