このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

速報インプレッション付き

ヤマハ、約1万円の完全ワイヤレス「TW-E3B」発表~価格から想像できないリアリティの高さ

2020年11月12日 13時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ヤマハは11月12日、完全ワイヤレスイヤホン「TW-E3B」を発表した。11月28日の発売を予定している。価格はオープンプライスで、実売価格は税抜で1万円前後になる見込み。

独自技術のリスニングケア搭載、装着感を改善

 音量に応じて、音のバランスを最適化し、耳の負担を抑える独自技術“リスニングケア”機能を搭載する。さらに装着性・接続安定性をさらに高めた。特に装着感については「TW-E3A」のフィードバックを反映したという。

 ハウジングサイズは、従来モデルに比べて体積比25%にコンパクト化。女性など耳の小さな人にも配慮した形状になっている。ハウジング部の幅は約2mm、奥行きが約1.3mm減った。耳に触れる部分は滑りにくい塗装とした。

 カラバリもTW-E3Aの4色展開から6色展開に増えた。シックなブラック/グレーと、スモーキーブルー/スモーキーピンク/スモーキーグリーン/バイオレットラベンダーが選べる。新色の追加に加え、ホワイトの代わりにグレーを採用した。また、バッテリー充電情報をより細かく把握できるよう、これまで1つだったインジケーターを4つに増やしたという。

 ドライバーの直径は6mm。リスニングケアは小音量時に聞こえにくくなる低域や高域を調整。さらに繁華街など、騒音が多い場所で音量を上げても、耳の負担が少ないバランスに自動調整する。

 ドライバーは従来と同等のものを使用しているが、「低音域にもう少し量感があればより良くなる」という声に応えて、ドライバーの形状を改善したという。具体的にはタンジェンシャルエッジの形状を調整した。また、耳の奥まで本体が挿入できるようになったことで、装着感、密閉度が向上。結果、聴感上の低域の量感も増しているという。同時に、13kHz付近の高域を調整し、低域の量感が増してもクリアで、躍動感のある音になるようにしたそうだ。

 接続安定性では、クアルコムのTrue Wireless Stereo Plus(TWS+)に対応。対応するスマホとの間で左右独立伝送が可能になる。BlueoothチップはQCC3026で、SBC、AAC、aptXコーデックに対応する。専用アプリ「Headphone Controller」との連携や、Siri/Google アシスタントなどボイスアシスタントの利用もできる。連続再生時間は6時間(ケース充電併用で最長24時間)で、IPX5相当の生活防水にも対応する。イヤホン重量は片側5g。

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン