このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

混沌とした世界にエンジニアが貢献する方法も語る、「CODE BLUE 2020」特別講演レポート

オードリー・タン氏「台湾のデジタル社会イノベーションはどう実現したか」

2020年11月11日 08時00分更新

文● 谷崎朋子 編集● 大塚/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大で世界各国の経済や社会が混乱する中、2020年10月末時点で国内の新規感染者数を「200日間連続ゼロ」に抑えた国がある。台湾だ。その成果の背景に国民の努力や忍耐があるのはもちろんだが、デジタル化とソーシャルネットワークをうまく活用した“デジタルソーシャルイノベーション”の果たした役割も大きい。

 10月末にオンライン開催されたセキュリティカンファレンス「CODE BLUE 2020」では、台湾政府でデジタル担当大臣を務めるオードリー・タン氏が特別講演を行った。デジタルソーシャルイノベーションを成功に導いた要因は「Fast(速さ)」「Fair(公平さ)」「Fun(楽しさ)」の三本柱だと紹介したタン氏は、聴講者からの質問にもじっくりと答えつつ、現在進行形で進むさまざまなイノベーションや取り組みを紹介した。

台湾行政院 デジタル担当大臣のオードリー・タン(唐鳳)氏

「集合知に基づく迅速な対応」「公平性の担保」が鍵を握る

 三本柱のひとつめ「Fast」は、集合知に基づく迅速な対応を意味する。

 「完全に開かれた自由な社会では、表現の自由が集合知となる」。そう述べたタン氏は、国民の自由な発言を科学的理解に基づき判断し、知見に変えて、透明性をもって対応するのが政府のあるべき姿だと断言。COVID-19感染拡大において台湾が早期対応できたのは、そうした理念があるからと述べた。

「台湾は表現の自由が完全に保証されているアジア唯一の国」(タン氏)

 集合知の一例としてタン氏が挙げたのは、“台湾版5ちゃんねる”とも言われる大規模インターネット掲示板「PTT」だ。

 衛生福利部(日本の厚生労働省に相当)疾病管制署 副署長、羅一鈞(ロー・イーチュン)氏は昨年12月31日、PTTで前日(12月30日)付のある投稿を発見した。その投稿は台湾の元医療従事者によるもので、中国の武漢市で原因不明の肺炎患者が増えており、同様の症状の患者がいないか武漢市衛生局に報告してほしいという内容とともに、中国のオンラインフォーラムの画面キャプチャがいくつか添付されていた。その中には、武漢市での感染発生初期にその情報を共有し、武漢市公安局から「虚偽の噂を流布した」として訓戒処分を受けた眼科医の李文亮(リー・ウェンリャン)氏と他の医師のやり取りもあった。副署長はこの情報をすぐにエスカレーションし、同日にはWHO(世界保健機関)にも注意喚起のメールを送ったという。

ありとあらゆる話題が集まる大規模インターネット掲示板「PTT」

 反応の素早さは、国民ひとりひとりの声に対しても向けられている。

 あるとき、衛生福利部の相談窓口(中央伝染病コマンドセンター)にひとりの少年が電話してきた。少年は「配給されたマスクがピンク色で(当時、マスクの色や柄はランダムに配給されていた)、友人にからかわれたらと思うと着けて登校するのが不安だ」と述べた。その話を知った衛生福利部の部長で、新型コロナウイルスの政府対策本部長である陳時中(チェン・シーチョン)氏は、新型コロナウイルス政府対策本部が主催する定例記者会見にピンク色のマスクを着けて登場。各閣僚や国会議員もピンク色のマスクを着用し、さらに蔡英文総統は自身のFacebookで「男の子にとっても女の子にとっても、ピンク色は素敵な色」と投稿。台湾のマスク製造大手「中衛」は、1日限定で10万枚の「桜ピンク色」マスクを製造、販売した。

 「その男の子は『新型コロナと戦うヒーローと同じマスクを着けている』と、学校で一躍人気者になったそうだ」とタン氏は微笑む。

ピンク色のマスクを着けた政府の新型コロナウイルス対策本部長。台湾では多くのニュースで取り上げられた(衛生福利部 YouTubeより

 2つめの「Fair」は、公平性の担保だ。

 台湾政府には、2月初旬には全国民がマスクを購入できるようにするという目標があった。これは同国が採用した感染拡大予測の数理モデルから、「国民の約4分の3がマスク着用と手洗いを徹底できればワクチンと同等の効果がある」との計算結果が得られたからだ。

 そこでタン氏は、衛生福利部とともに6000軒に上る健康保険特約薬局と協力し、各薬局のマスク在庫状況を30秒ごとに更新するオープンデータを提供、シビックテックコミュニティとともにAPIの仕様を決めて、公開した。それを受けて、さまざまな企業や技術者たちがマスク在庫確認アプリを競って開発。その数は100を超えた。まさに「シビックテックの力だ」とタン氏は言う。

店舗のマスク在庫データは30秒間隔で更新、APIを公開して自由なツール開発を推奨した

 マスク購入には、事前に全民健康保険カードによる本人登録を行い、全員が確実に受け取れる仕組みも構築した。また、当初は薬局のみでしか購入できなかったが、交通の便や移動距離を考えると近くに薬局がない人に対して公平性が保たれないという意見が挙がり、すぐにコンビニでも受け取れるよう対応したという。おかげで、24時間いつでもマスクを受け取れるシステムに進化した。

 「3月には、国民の4分の3にマスクを行き渡らせるという目標が達成できた」と述べるタン氏。入手可能であれば大多数の人がきちんとマスクを着用してくれることも証明されたのは、嬉しい副産物だった。

シビックテックで開発されたツールのひとつ。100を超えるさまざまなツールが開発された

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

ピックアップ