このページの本文へ

篠原修司のアップルうわさ情報局 第568回

ただし未確認情報:

アップル新型Mac、AppleシリコンでIntel版より性能上がる?

2020年11月10日 15時30分更新

文● 篠原修司

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アップルが11月11日に発表するとみられているAppleシリコンを搭載したMacは、これまでのIntel搭載Macよりも性能が上がっている可能性があるという。米メディアAppleInsiderが11月5日に報じた。

 同メディアによると、A14Xは3.1GHzまでターボブースト可能な1.8GHzプロセッサを8コア搭載し、GPUには8GBのRAM(メモリ)を搭載しているという。

 ベンチマークはGeekbench 5で実行され、スコアはシングルコアが1634、マルチコアが7220を記録したということ。Intel Core-i9を搭載した16インチMacBookProのスコアが同1096、6869であることを考えると、Appleシリコン搭載Macは従来のMacよりも性能が上がっている可能性が高い。

 ただし、このスコアはAppleInsiderに対して共有されただけのもので、現時点でGeekbenchのWebサイトには結果が掲載されていないことについて注意してほしい。あくまでも詳細を確認できない、うわさ段階のスコアということだ。

 とはいえ期待が高まる話だ。

 

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中