このページの本文へ

SSDクラスに速い最大420MB/秒の高速USBメモリーの1TBモデル

2020年11月07日 10時00分更新

文● 鈴鹿 廻 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 USBメモリーとして最速クラスのスピードを誇る、SanDiskの「SanDisk Extreme PRO」シリーズに1TBの最大容量モデルが追加。東映ランドとテクノハウス東映にて店頭販売中だ。

 両店とも、1TBモデル「SDCZ880-1TOO-G46」と同時に512GBモデル「SDCZ880-512G-G46」が入荷。価格はそれぞれ2万7980円、1万3980円となっている。なお並行輸入品のため、サポートはショップによる6ヵ月保証のみだ。

大容量でハイスピード! SanDiskの高速USBメモリーに1TBの新モデルが追加

 USB3.2 Gen.1に対応するUSBメモリーで、最大読込420MB/秒、最大書込380MB/秒の高速な転送速度がトピック。速度自体は従来ラインナップされていた低容量モデルと同じなものの、新たに最大容量の1TBモデルが加わった格好だ。

 SanDiskによれば、この転送速度は4K解像度の動画を15秒未満で、1000枚の画像ファイルを25秒未満で転送可能とのこと。日常的に大容量データを扱う人にとっては、データ転送の時短に繋がるだろう。

ほぼSSD級と言える、最大転送420MB/秒の高速性能が魅力。コネクターはスライド式で、ストラップホールも備えている

 頑丈なアルミ製ハウジングを採用した本体は、高速モデルのためやや大きめ。コネクターはスライド式のため、通常は本体内に格納され保護されている。

 

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン