このページの本文へ

ドコモの冬春モデルの5Gスマホは6機種 Xperiaは限定のパープルも! 第7回

Galaxyのスタンダードモデルは高性能な5Gモデルと約2万円の4Gモデル

2020年11月05日 11時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ドコモから登場のGalaxyシリーズ新製品は「Galaxy Note20 Ultra 5G」のほかに、スタンダードな性能の5Gモデル「Galaxy A51 5G SC-54A」と4Gモデル「Galaxy A21 SC-42A」の2機種もある。ただ製品の性格はそれぞれ大きく異なり、Galaxy A51 5Gは5万7288円(スマホおかえしプログラム適用時の負担額は3万8196円)のミドルハイクラス、Galaxy A21は2万2000円のエントリークラスの製品となっている。

Galaxy A51 5G SC-54A プリズムブリックス ホワイト

4眼カメラにスナドラ765など、5G時代のスタンダードな1台
「Galaxy A51 5G SC-54A」

 まずGalaxy A51 5Gは、auからもすでにリリースされているモデルで、パンチホール式で狭額縁が魅力の6.5型有機EL、Snapdrgaon 765G、6GBメモリー、128GBストレージ、4500mAhバッテリーなど、ミドルハイクラスとしては標準的な性能を持っている。

 カメラについても4800万画素をメインに1200万画素の超広角、500万画素のマクロ、500万画素の深度測位の4眼構成。インカメラも3200万画素と高性能だ。特にマクロについては被写体に40mmまで近寄ることができ、日常の中にあるあまり見たことがないカットが撮れるカメラだとしている。

 カラバリはプリズムブリックス ホワイトとプリズムブリックス ブラックの2色。

Galaxy A51 5G SC-54A プリズムブリックス ブラック

ドコモの“2万円スマホ”は再びGalaxyシリーズで登場
「Galaxy A21 SC-42A」

 続いて、Galaxy A21はすでに10月23日に発売済みのモデルで、昨年登場した「Galaxy A20 SC-02M」に続いての登場となる、いわゆる“2万円スマホ”。5.8型HD+液晶にExynos 7884(1.6GHz+1.3GHz、オクタコア)、3GBメモリー、64GBストレージ、13メガカメラ(イン5メガ)、3600mAhバッテリーとスペック的にはエントリークラスであることは否めないが、防水・防塵やおサイフケータイにも対応しているなど、ユーザーが必要とするひととおりの機能はサポートしている。

 カラバリはレッド、ホワイト、ブラックの3色が用意されている。

Galaxy A21 SC-42A

ドコモ「Galaxy A51 5G SC-54A」の主なスペック
メーカー サムスン電子
ディスプレー 6.5型有機EL(20:9)
画面解像度 1080×2400
サイズ 約74×159×8.8mm
重量 約189g
CPU Snapdragon 765G
2.4GHz+1.8GHz
(オクタコア)
内蔵メモリー 6GB
内蔵ストレージ 128GB
外部ストレージ microSDXC(最大1TB)
OS Android 10
5G最大通信速度 下り2.1Gbps/上り218Mbps
5G対応周波数 サブ6
無線LAN IEEE802.11ac
カメラ アウト:約4800万画素(標準、F値2.0)
+約1200万画素(超広角、F値2.2)
+約500万画素(マクロ)
+約500万画素(深度)
/イン:約3200万画素
バッテリー容量 4500mAh
電池持ち時間 5G:約125時間/4G:約135時間
FeliCa/NFC ○/○
ワンセグ/フルセグ ×/×
防水/防塵 ○/○(IPX5,8/IP6X)
生体認証 ○(指紋、顔)
イヤホン端子
USB端子 Type-C
Qi ×
カラバリ プリズムブリックスホワイト、プリズムブリックスブラック
発売時期 11月6日

■関連サイト

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン